Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲドを読む

<<   作成日時 : 2007/07/23 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://take-it-ez.at.webry.info/200707/article_62.html
で、どうしても気になって、改めて「ゲドを読む」を読み返しました。
◆「ゲド戦記」と自己実現
◆均衡を崩す扉があちこっちで開いている今、若者に必要な物語は何か。対談:河合隼雄×宮崎吾朗
と大きく2項目で河合隼雄の名前がクレジットされています。
改めて読み返してみても、深いですね。本当に深いところまで、人間を観察して、情熱を持って研究を進めておられる。そして、一般人にもわかりやすいような文体、言葉の選び方というものも非常に洗練されていると感じます。
多用性の高くなった現在をいかに生きていくのか、指針・参考となる記述がいくつもあります。

そのほか、糸井重里さん、人類学の観点から中沢新一さん、こちらも人類学で清水真砂子さん、上橋菜穂子さん、するどい切り口から中村うさぎさん、佐藤忠雄さんも「ゲドを読む」に執筆しています。

※7月22日のNHK教育テレビで23:00から河合隼雄さんの追悼番組をやっていました

「ゲドを読む」の"「ゲド戦記」と自己実現"というところでは、影についての記述があります。「影」ということに関連しまして河合隼雄先生の著書影の現象学があります。
影の現象学 (講談社学術文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲドを読む Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる