Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS 人は何を遺せるのか 中野孝次 日経ビジネス人文庫

<<   作成日時 : 2007/09/10 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本のタイトル「人は何を遺せるのか」これにひかれて読んだのですが、つまらない本でした。読み終えるまですごく苦痛だったのですが、投げ出さずに読み終えました。
途中で投げ出さずに、読み終えるという行為の中から学んだことがあります。
「著書のなかで歴史的な話を持ちこむと、あきがくる。」
歴史書として本を読んでいるわけではないのに、そこに歴史を持ち出して書かれていると、私は興味をそがれてしまいます。

この本は、作者による、年寄りのひとり言です。「臓器移植」には反対だとか・・・好き勝手なことをくだらなく書いています。字が大きく、全体の情報量としては少ないので、中身もスカスカでした。
筆者の提唱する遺すべき28項目の全ての項目において、異なる人々の言葉を引用しています。自分の考えを人様の言葉をかりないと説得できないのでしょうか。オリジナリティにかけています。
おそらくここでは筆者が自分の提案に説得力を増すために、他者の言葉を引用していると思うのですが、全ての項目で引用されているのは、どうかと思います。
かつて、プリンスがスペースカウボーイによるI would die for youのカバーについて、
「ミュージシャンなら自分で曲をるつくれ」とのコメントを披露していたことを思い出します。
人は何を遺せるのか (日経ビジネス人文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人は何を遺せるのか 中野孝次 日経ビジネス人文庫 Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる