Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日の飛行船はJTB西日本のツェッペリンNT

<<   作成日時 : 2007/10/24 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

飛行船と工事車両の列の飛行船は、JTB西日本のツェッペリンNTです。昨日の夜ニュースなどでもとりあげられていましたし、本日の日本経済新聞の朝刊にも1フライト90分の料金がのっていました。
http://roppongi.keizai.biz/headline/1192/六本木新聞によると、定員は1フライト8人。1人あたりの料金は、デイフライト=126,000円〜、ナイトフライト=136,500円〜。
※ツェッペリンNTのNTってなんだろう?ガンダムでも「ガンダムNT-1」ってあったけど、あれは「ニュータイプ」専用ということらしく、ニュータイプという種族!?に対応したといういみらしいけど、でもそれじゃなくて一般的な意味でニュータイプを無理矢理日本語にすれば「新型」っていういみでもありますし・・・おそらく後者だとおもうのですが・・・「ツェッペリンNT」を研究したい。
画像
工事車両の列は電気工事で、写真では7台ですが、実際には車両が8台でした。

下記は六本木新聞http://roppongi.keizai.biz/headline/1192/の記事です

飛行船「ツェッペリンNT」がヒルズ上空に−11月・運航開始

日本飛行船(中央区)とJTB西日本(大阪府)は10月23日、六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー(港区六本木6)で記者発表会を開き、11月23日より飛行船遊覧クルーズの運航を開始すると発表し、合わせて飛行船「ツェッペリンNT」を報道陣に公開した。本格的な飛行船遊覧クルーズは日本初となる。

 遊覧に使用される「ツェッペリンNT」は、全長=75.1メートル、全幅=19.7メートル、全高=17.5メートルで、現存の飛行船では世界最大という。世界で3隻のみ存在。空中でホバリングしたまま360度回転するなどの動きも可能で、ヘリウムガスを使用し、飛行船が不調の際も、ガスの浮力により墜落することはないという。

 遊覧クルーズは、第1回目が首都圏で11月23日〜2008年1月5日のうちの27日を運航日とし、合計105回のフライトを予定。元旦も運航し、初日の出を飛行船から見ることもできる(天候により見えない場合もあり)。コースは、桶川を出発し、池袋、上野、浅草、汐留、六本木、渋谷、新宿をまわる約90分。定員は1フライト8人。1人あたりの料金は、デイフライト=126,000円〜、ナイトフライト=136,500円〜。10月25日よりJTB西日本の専用デスクのみで販売を開始(電話、FAX、ウェブサイトで受付)。来年3月下旬には、関西での第2回目の就航を予定する。

 日本飛行船の杤木一郎会長は会見で、「日本のみならず、アジア各国の方々に楽しんでいただけるものと確信している」と話した。ドイツでは、2001年夏より遊覧飛行を開始している。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日の飛行船はJTB西日本のツェッペリンNT Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる