Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS いいことがいっぱい起こる歩き方 デューク更家 幻冬社文庫 457+税

<<   作成日時 : 2007/12/09 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



寄藤文平さんによるイラストでデュークさんの言葉をわかりやすく表現してくれています。
また、イラストが多く入っていて、文字数が少ないので、あっというまに読み終えてしまいます。
基本はデューク更家さんから女性に向けてもメッセージです。
デューク式ウォーキング・テクニックだけではなく、生きる心構えというメッセージが綴られています。デュークさんの真心のこもったメッセージでやるきがわいてきます。
深い呼吸の大切さを説いたり、あとがきではスピリチュアルについても語ってくれています。

あとがき
ネイティブアメリカンたちが狩りをしていて、次の場所にみんなで移動する。移動して何人かが早速狩りを始めようとしたら、一人のシャーマンがそれを止めた。彼はいう
「まてまて。まだ魂がきていない。ぼくたちのほうが早くきすぎたから、ここでテントを張って、魂がくるまで待っておけ」
僕はこの話を思い出すと、いまだに鳥肌が立つ。
昔の僕は、ああしたい、こうしたいという思いばかりがつのって、とにかく行動ばかり起こしていたものだが、そういうときは、常に空回りで終わっていた。
やりたいことは頭のなかにこんなにつまっていて、何をすべきかもわかっているはずなのに、なぜかうまく結果に結びつけることができない。
そのころに、シャーマンの言葉に出会った
「魂を待つ」
この意味がどういうことなのか、そのときはいまいちよくわからなかったのだけど、その後、歩くことを極めるに従って、少しずつわかってきた。
歩くことは、もちろん前に進むことだけど、同時に立ち止まることでもある。そして、立ち止まっている間にシャーマンがいうように「魂がくる」のだ。
歩きながら考えるのは難しい。かといって、いろいろ考えていると、なかなか一歩を踏み出すことができない。だから、肉体だけ前に進ませた後、ふと立ち止まり、魂が追いついてくるのを待つことが、とっても大切なのだ。その待っている間に、右に行くべきか、左に行くべきかを考えればいいのだから。
武道には「心技体」という言葉がある。
初めに心がきて、技があって、最後に身体がくるという意味だけど、僕が伝えたいのは「体技心」ということ。
初めに身体があって、それに対する歩き方の技術があって、そして最後に心がくる。そして心がくるまでしっかり待つ。
立ち止まりながらも、確実に一歩一歩歩んでいこう。
いいことがいっぱい起こる歩き方 (幻冬舎文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まとめ
本日は昨日までに掲載した記事のまとめです。 ...続きを見る
モテに関する考察,いいことがいっぱい起こ...
2007/12/12 01:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いいことがいっぱい起こる歩き方 デューク更家 幻冬社文庫 457+税 Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる