Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS 三島由紀夫 にっぽん製 角川文庫

<<   作成日時 : 2010/09/24 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一人一日食事付で三千円のモデル代は、店の女の子や、彼女自身の出演や、懇意の引退した映画女優の義侠的な出演で助けられ、二日間で五万円、それに、有名なラジオ俳優の歯科医をたのんで二日間で五万円、それに楽団のギャラを入れて、都合十二、三万円が人件費の主なるものであった。
金杉がいつも内心敬服しているのは、派手好みのくせに決してそんな勝負をしない美子の経営的手腕であったが、今度のショウでも、金杉の会社の生地でお客のオーダアをすっかりとっておき、モデルの着て出る衣装は、全部売約済という仕掛になっているので、会場日や人件費の二、三十万は、金杉の会社の宣伝費と思えばよかった。芸妓をおさらいの会へ出してやる金に比べれば、店の商売も兼ねてやることだから、どんなに安くてすむかしれない。

「わたくし、自分のことを落葉でおおわれた古井戸だと思っていますわ。でもまさかだれかが来て、この落葉をどけてくれたおけげで、こんなよどんだ井戸水にもチャンと青空が映ることがわかるなんて、考えもしなかったわ」

「私、ふたまわりも年上の女として言うんだけれど、人生って、右か左か二つの道しかないと思うときには、ほんの二三段石段を上って、その上から見渡してみると、思わぬところに、別な道がひらけてるもんなのよ」

「あたくし、、今の一瞬間のことを考えるだけで一ぱいなの。こんな一瞬間を作ろうと思えば作る力と勇気が自分の中にあったのに、今まで気がつかなかったのが口惜しいくらいなの。あたくし外国へ行けば、それがあると思ったの。でも外国にもなかったわ。パリにも。あたくし、日本へかえったとき、これからどういう気持ちで生きようかと思うと、先が真っ暗だった。仕事にかじりつくほかはなかったの。・・・・・・そのとき、あなたに会ったのね」

にっぽん製 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
三島 由紀夫

ユーザレビュー:
心優しい日本男児華や ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by にっぽん製 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






お嬢さん (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
三島 由紀夫

ユーザレビュー:
認識が変われば世界が ...
三島の美文調に酔うは ...
縺れた糸は最後に解け ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by お嬢さん (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三島由紀夫 にっぽん製 角川文庫 Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる