アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アート」のブログ記事

みんなの「アート」ブログ

タイトル 日 時
デイヴィッド・ホックニー (SHINCHOSHA’S SUPER ARTISTS)
デイヴィッド・ホックニー (SHINCHOSHA’S SUPER ARTISTS) http://www.hockneypictures.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 19:06
大友克洋GENGA展@3331ARTS CHIYODA
大友克洋GENGA展@3331ARTS CHIYODA 大友克洋GENGA展OTOMO KATSUHIRO EXHIBITION@3331ARTS CHIYODA アーツ千代田3331 あれ、そろそろだったかなって、サイトをチェックしたら今日が初日でした。 http://www.otomo-gengaten.jp/ で、ローソンチケットで完全予約制っていうから明日いこうかと思ったら今日の17:30がまだ、チケット余ってるのが正午にわかりまして、すぐにローソンいってきました。ネット上では17:30だけでしたが、LOPPIでは16:00も購入可能で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 08:19
ゴヤ 光と影 プラド美術館所蔵@国立西洋美術館
ゴヤ 光と影 プラド美術館所蔵@国立西洋美術館 土日の混雑を避けるためにも、昨日無理やり時間を確保して昼過ぎに国立西洋美術館で「ゴヤ」をみてきました。 注目は40年ぶりの来日とうたわれる「着衣のマハ」ですかね・・・どんな展覧会になるのかと楽しみして入館。します。国立西洋美術館の企画展って入り口入って右にまがったとこにあるエレベーターか階段で地下へ降りていきます。いつもながらですが・・・地下へ向かっているときテンションさがるんですよね。興奮もさめていく・・・。 それでビデオを流してる場所にきて、そこで私は必ず音声ガイド500円を利用します。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 22:52
GLOBAL NEW ARTこの世界を生きるアート 損保ジャパン東郷青児美術館
GLOBAL NEW ARTこの世界を生きるアート 損保ジャパン東郷青児美術館 タグチ・アートコレクションGLOBAL NEW ARTこの世界を生きるアート 損保ジャパン東郷青児美術館2011.07.12-2011.08.31 現代アートは、世界の新しい見方や可能性に気づかせてくれます・・・ってなことで、最終日の前日、本日8月30日13:10に入館して一通り観覧しました。もともと大きな展示会じゃないですから30分で終えました。そのあと2倍くらいに込んできた館内で13:40-14:20までの時間をかけて、気になったコメントを記述していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 23:40
空海 至宝と人生 第3章 曼荼羅の宇宙 ダンサー森山開次
空海 至宝と人生 第3章 曼荼羅の宇宙 ダンサー森山開次 空海 至宝と人生 第3章 まんだら曼荼羅の宇宙  NHK BSプレミアム 番組終盤、旅の歳に曼荼羅が発するメッセージを身体全体で受け止めてダンスをつくりあげたダンサー森山開次さんのコメントを紹介です。 私は、このコメントにしびれました。 「やっぱり僕は人間だし、仏の踊りをしたいとは思わないので 今自分が感じている等身大の自分が そこに向き合って、出てくる感情を 隠さないで 悲しいことや、醜い心や、いろんな気持ちをだしていくことが そういう そっから、探していきたい」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 22:42
シュルレアリスム展 音声ガイド A 国立新美術館
シュルレアリスム展 音声ガイド A 国立新美術館 シュルレアリスム展 音声ガイドの続きです。 http://take-it-ez.at.webry.info/201105/article_17.html そういえば今回のオーディオガイドの端末は新型らしいです。本体の大きさに比べると画面はとても小さいのですが、音声ガイドに沿って、写真をだしたり、相関図を出したり連動していました。 下の写真はマックス・エルンストの作品を紹介しているときにでてきた写真です。端末の性能はさておいて、サービスは素晴らしいと思います。 とくに、今回のシュルレアリス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/20 19:59
シュルレアリスム展 音声ガイド 国立新美術館
シュルレアリスム展 音声ガイド 国立新美術館 ナレーター:恒松あゆみ、安井邦彦 ガイド制作・音響演出:A&Dオーディオガイド ガイド数23点 所要時間約30分 瓶掛け マルセル・デュシャン 「シュルレアリスム・・・私にとってそれは青春の絶頂のもっとも美しい夢を体現していた」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/17 21:22
シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―
シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による― 国立新美術館でのシュルレアリスム展、いってきました。今日が最終日だったんですね。 入場するとすぐにマルセル・デュシャンによる1937年の「グラフィディア画廊のためのドア」を再構成したオブジェが出迎えてくれました。 実はこのデュシャン再構成のものは、最初気がつかなかったです。入り口で出品作品リストをゲットしたはずなのですが、私が手にしたものがフランス語表記のものでして、日本語表記の出品作品リストを取りに戻ったときに、不思議なフォルムの壁の一部に気づきました。 http://www.sur20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 20:54
フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 Bunkamuraザ・ミュージアム
フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 Bunkamuraザ・ミュージアム フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 Bunkamuraザ・ミュージアム2011年3月3日木曜日-5月22日日曜日 http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_11_vermeer.html 私は3/27に見てきたんですけど・・・今の今までブログにアップロードしていなかったです。 音声ガイドは当然500円でした。24点に及ぶ説明で所要時間は約35分 ガイド制作・音響演出:A&Dオーディオガイド 私はいつも音声ガ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/09 18:36
小泉定弘写真展「東京スカイツリーが出来る前」
小泉定弘写真展「東京スカイツリーが出来る前」 私のカウントが間違っていなければ43点の白黒写真と全てに手書きのコメントが書いてありました。 小泉定弘写真展「東京スカイツリーが出来る前」20年前の北十間川橋上景観を中心に 平成23年5月7日土曜日-15日日曜日午前11時-午後6時(最終日は午後5時まで) 町屋文化センター2階ふれあい広場 主催・問い合わせACC財団法人荒川区地域振興公社TEL03-3802-7111 開催中の「小泉定弘写真展」が、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」で放送される予定です。 放送日5月9日月曜日 午前1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 00:00
ジョン・ケージ生誕100周年記念 カウントダウンイベント
ジョン・ケージ生誕100周年記念 カウントダウンイベント 4分33秒 4'33" などで知る人ぞ知る伝説の男、2012年はジョンケージ生誕100年の年です。 その2012年に向けて京都で開催されてきたジョン・ケージカウントダウンイベントが今年は関東で開催。 またジョンケージの面白さについて知ってもらおうと、トークイベントの紹介です。 実は、今情報をみなおしていて、10/30は15時からだとは・・・知らなかった。行けない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 14:23
展覧会 東京 2010年10/30
展覧会 東京 2010年10/30 秋も深まり・・・寒さが増してきていますが、これは台風の影響なのか今年の気温がこういうものなのか、どこか美術館に行こうかなって、探してみました。ネットで探して、一覧とまではいかないのですが、ちょこっとリストアップしてみました。 国立西洋美術館 http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/current.html 10/26-1/16 アルブレヒト・デューラー版画・素描展 宗教/肖像/自然 \850 三井記念美術館 http://www.mitsui-... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/30 14:02
「特選月額見放題パック」サービス開始 2010年12/1から
2010年12月1日(水)スタート 「特選月額見放題パック」サービス http://www.nhk-ondemand.jp/ 2008年12月1日からサービスを開始した「NHKオンデマンド」は、2周年を迎える2010年12月1日(水)から特選ライブラリーの「月額見放題パック」サービスをPC系サービスで開始(TV系は来年1月以降を予定) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 21:36
バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展
バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展 なかなか時間をつくれなくて、楽しみが膨らんだ「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」・・・ 入ってすぐに、東京藝術大学大学美術館でのバウハウス・デッサウ展でも展示されていた「ヨーゼス・アルバースによる素材訓練」一枚の紙で立体性を強調する作品たちがでむかえてくれます。そのちかくにパウルクレーの作品やヴァシリー・カンディンスキーのスケッチなども展示されています。 しかし・・・展覧会自体はあまり面白くなかったです。期待していたよりも斬新性がなく、ただ古いキッチン製品が展示されているという感... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 17:42
Pen (ペン) 2010年 10/15号 [雑誌]
Pen (ペン) 2010年 10/15号 [雑誌] 総力特集・決定版 なぜこの酒は深く愛されるのか? ウイスキーを語れ。 ウェブ通販企画スタート! 20世紀デザインの聖地、蘇ったバウハウスへ。 ウィスキーの知識よりも、まずはドイツ・デザインハウス・バウハウスへ・・・P.118 I am drunk now,,,I can tell details now...I'will tell you about it! ●復元されたアリバウハウス・デッサウ校舎 Bauhaous dessou 1日券15ユーロ 館内の出の点来会入場料、マイス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 22:54
草間彌生展 4枚のチラシ
草間彌生展 4枚のチラシ 武蔵野市立吉祥寺美術館があるのは 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7階 Tel.0422-22-0385 Fax.0422-22-0386 吉祥寺駅から歩いて数分で到着します。 しかし、FFビルを探しても検討がつきません。それらしいと思われる建物の近くにいったらFFビルを探すのではなく、武蔵野市立吉祥寺美術館を探したほうがいいかと思います。 エレベータで7階へ・・・すると、出入り口のガラスに一面・草間彌生さんを髣髴とさせる赤い水玉模様が! 会場内の... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 13:33
草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い 武蔵野市立吉祥寺美術館
草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い 武蔵野市立吉祥寺美術館 http://www.yayoi-kusama.jp/ 草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い 武蔵野市立吉祥寺美術館 会期      2010年9月18日[土]−11月7日[日] 開館時間  10:00-19:30 休館日 9月29日[水]、10月27日[水] 入館料  100円(ただし、小学生以下・65歳以上・障害者の方は無料) 主催 武蔵野市立吉祥寺美術館 協力 松本市美術館/草間彌生スタジオ @〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 F... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/18 17:11
マン・レイ展 Man Ray 国立新美術館
マン・レイ展 Man Ray 国立新美術館 http://www.nact.jp/exhibition_special/2010/manray/index.html 国立新美術館で行われていたマン・レイ展・・・昨日が最終日だということで無理やり見てきました。 音声ガイドにはマン・レイ:目黒光祐、ナレーション:松尾佳子で解説が30点で約30分の内容。 まあ、たいした内容ではありませんが、音声ガイドを使っていなければ、この展示会15分以内に見終わっていたことでしょう。 平日とはいえ、14時入館しまして・・・ずいぶん、すいてました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/14 16:19
カール・ハイドの脳内 TokyoHeadLine
カール・ハイドの脳内 TokyoHeadLine フリー・ペーパーTokyo Head Lineのインタビューはカール・ハイドです。 ラフォーレ原宿でのドローイングインスタレーションというエキシビションはある意味、彼自身が表現の原点に立ち戻ったともいえる。 tomatoについて 「そもそも彼らがUNDERWORLDを始めたのは、もっと多くの人にアートに興味をもってほしいと思ったからなんだよね」 「当時はギャラリーに足を運ぶのは一部の限られた人ばかりだった。敷居が高かったのかもしれないし、大部分の人は行ってみようという興味さえももっていな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/11 22:52
アール・ヌーヴォーのポスター芸術展
アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 昨晩の日曜美術館をみていて、アール・ヌーヴォーのポスター芸術展を知りました。 アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 LIFE WITH POSTERS 1890-1920 LIFE art nouveau 会期:8月25日(水)〜9月6日(月) 会場:松屋銀座8 階大催場 http://www.matsuya.com/ginza/topics/100804e_artnouveau/index.html 主催:NHK、NHKプロモーション 今日までということで、無理して時間をつくって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/09/06 17:28
"What's going on in your Head when you'reDancing?"
"What's going on in your Head when you'reDancing?" http://take-it-ez.at.webry.info/201009/article_4.html I went Harajuku to see Karl Hyde"What's going on in your Head when you'reDancing?" after "Resident Evil: Afterlife". It cosst \700.. I took 3minutes and 20seconds to passed through Karl Hyde S... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/05 21:21
アンダーワールドKARL HYDE
アンダーワールドKARL HYDE 今BS5chベストヒットUSAをみていると ニューアルバムBARKINGをリリースのアンダーワールドunderworldカール・ハイドKARL HYDEのインタビューがありました。 ちなみにアンダワールド下記の予定で来日公演 2010/10/6(水) Zepp Osaka(大阪府) 2010/10/7(木) ・ 2010/10/8(金) Zepp Tokyo(東京都) 2010/10/10(日) ageHa(東京都) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 01:50
正太くんの青空 作・演出:高橋いさを(劇団ショーマ)
正太くんの青空 作・演出:高橋いさを(劇団ショーマ) 昨日の8月8日の千秋楽最終回18:00からのものをみてきました。 今までなんどもサンモールスタジオとかシアターサンモールにいていますが、地下の劇場ではなく上階がサンモールマンションになっているということをはじめてしりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 14:27
美の巨人たち 「ゴーギャン ひまわりを描くゴッホ」
美の巨人たち 「ゴーギャン ひまわりを描くゴッホ」 美の巨人たち テレビ東京 ゴッホとゴーギャンの共同生活事件の真相語る肖像画 「ゴーギャン ひまわりを描くゴッホ」 ポール・ゴーギャンによる絵画の紹介でした。 ちなみにこの番組で紹介される絵画が展示されているオランダのアムステルダムにあるヴァン・ゴッホ美術館。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 23:22
美の巨人たち マン・レイ「黒と白」 国立新美術館
美の巨人たち マン・レイ「黒と白」 国立新美術館 昨日の夜にテレビ東京の美の巨人たち マン・レイ「白と黒」をみました。つい今もBSジャパンで再放送をみていたのですが。そういえば国立新美術館で「マン・レイ展 知られざる創作の秘密」があるんだ・・・ってそしたら7/14からはじまっていたんですね。うっかりしてました。2010年7月14日(水)〜9月13日(月)http://www.nact.jp/exhibition_special/2010/manray/index.htmlマン・レイ展 知られざる創作の秘密 http://man-ray.com... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/18 17:58
プラネタリム@世田谷区立教育センター@古屋市中区の市科学館新館
プラネタリム@世田谷区立教育センター@古屋市中区の市科学館新館 本日の日本経済新聞朝刊からの記事です。 世界最多の1億4千万個、18等星までを投影するプラネタリウムが5月、東京都内の世田谷区立教育センターに誕生した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/23 18:29
ゴッホ最後の70日〜ひまわりの画家は あの日、殺されたのか?
ゴッホ最後の70日〜ひまわりの画家は あの日、殺されたのか? 6/20 14:00 BS-JAPAN ゴッホ最後の70日〜ひまわりの画家は あの日、殺されたのか? 途中からみたのですが、ともていい視点で制作されています。 まずは、ゴッホが最後に自殺したという事実を覆す状況を説明。 友人で最期を看取った医者の怪しさにも言及。贋作疑惑も紹介しています。 次に耳きり事件の約15年後に雑誌のインタビューに答えたゴーギャンについての不審、その耳きり事件もゴーギャンによるものではないのか・・・ 弟のテオとの関係と顛末からの推測・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/22 02:03
映画 TAIZO 戦場カメラマン・一之瀬泰造の真実
映画 TAIZO 戦場カメラマン・一之瀬泰造の真実 昨日BS-TBS15:00  映画TAIZO 戦場カメラマン・一之瀬泰造の真実 を放送していました。 ▽(2003年映画“TAIZO”製作委員会) スタッフ 製作: 奥山和由 監督: 中島多圭子 音楽: 深町 純 エグゼクティブ・プロデューサー: 棚次 隆 プロデューサー: 高木真寿美 / 上田徳浩 / 茂出木龍太 プロデューサー・編集: 山田宏司 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/21 19:12
The Chemical Brothes 時空の彼方へ Futher
The Chemical Brothes 時空の彼方へ Futher 最近、時間をうまく確保できなくて、ここ3日くらいをかけて、METALLICA"Some Kind Of Monster"メタリカ 真実の瞬間を見返しています。以前見たことはあったのですが、今回はまだ最後まで見終わってないです。メタリカによるナップスターへのアルバムに収録された曲の1曲単位での切り売り反対という意向の訴訟問題などもテロップで情報が流れます。 私は、ジャケットのデザインや掲載されている写真などからCDを音楽だけではなく視覚的にも楽しみたいといことで、基本的ダウンロード派ではなく、C... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/08 16:55
Pen (ペン) 2010年 6/15号 [雑誌]
Pen (ペン) 2010年 6/15号 [雑誌] モード界の巨匠カール・ラガーフェルドは2002年に42キロの減量に成功しダイエット本を発表。以来、モード以外の分野でも多くのコラボワークを手がけてきた。自らのスタイルを揶揄した黒メガネ&黒スーツのテディベアのデザイン。黒いスリムなパンツに白いハイカラーシャツをまとうラガーフェルドのスタイルは、いまやモード&ダイエット界のアイコンといってもいい。 この5月ラガーフェルドは「コカ・コーラ ライト」のキャンペーンに乗り出した。 http://www.coca-cola.fr ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/07 03:04
BRUTUS 印象派、わかってる?ブルータス2010年 6/15号 [雑誌]マガジンハウス
BRUTUS 印象派、わかってる?ブルータス2010年 6/15号 [雑誌]マガジンハウス サロン展は17世紀から続く権威ある展覧会で、ルーヴル宮殿のサロン・カレ(方形の間)で開催されていたことから、この名称が定着。 モネやドガ、ピサロ、ルノワールたちは自分たちの作品を受け容れてくれないサロン展に業を煮やし、自主的な展覧会を企画しはじめる。しかし彼らが師とあおぐマネは「私の戦場はサロンにある」・・・印象派とは当時まだまだ受け容れられない状況の中「単なる印象を絵にする無知蒙昧な輩」という、軽蔑的な言葉から生まれた名称。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/04 09:05
オルセー美術館展2010「ポスト印象派」 国立新美術館 陽月華(ひづき・はな)ガイド
オルセー美術館展2010「ポスト印象派」 国立新美術館 陽月華(ひづき・はな)ガイド 今日からはじまる国立新美術館でのオルセー美術館展2010 オルセー美術館所蔵の傑作115点 http://orsay.exhn.jp/ 初日ということで、今日行きたいのですが、親知らずを抜いてからの体調不良なので、今日は外出をひかえようと思います音声ガイドは誰なのか・・・気になって調べてみたら! 。「ポスト印象派」音声ガイドのナビゲーターは、2000年宝塚歌劇団入団、星組の娘役として活躍、2007年から宙組娘役トップ就任。2009年に「薔薇に降る雨/Amour それは…」を最後に宝塚を退団... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/26 08:32
ペンパス シャープタイプ PEN PASS 株式会社レイメイ藤井
ペンパス シャープタイプ PEN PASS 株式会社レイメイ藤井 職業にもよるかと思いますが、一般的にコンパスを使う機会ってあまりないと思います。 しかし、デザインのときにやっぱりコンパスは役にたちます!私の知る限りはコンパスにエンピツをくみこんで使用するもの、その次にエンピツの芯を使用するもの、そしてコンパスにシャーペン(シャープペンシル「英語ではメカニカルペンシル」)がくみこまれたもの。そしてニュータイプを発見しました! それまで、エンピツの芯を使用したコンパスはかさばることがないものの、芯ということで私としては敬遠していましたが、とにかくコンパスを持... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/21 07:54
麦わら帽子 麦藁帽子
麦わら帽子 麦藁帽子 自分勝手な思い込みと独りよがりなのですが、今年の夏は麦藁帽子がはやると思っています。 それも、「麻素材のシンプルナチュラルハット ブラウン」みたいに洒落ているものではなく、農作業に使うようなシンプルな麦藁帽子が・・・。 以前、友人が「萬田久子みたいな日よけの大きな帽子をかぶった女性」といったとき!「萬田久子みたいな日よけの大きな帽子」という表現が、私のツボにはまりまして・・・その形容方法を私が他の2名に試してみたところ「ビジュアル的にイメージできる」と評判の形容方法でした。 この例えを今後... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/20 13:13
森村泰昌展・なにものかへのレクイエム  戦場の頂上の芸術
森村泰昌展・なにものかへのレクイエム  戦場の頂上の芸術 http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-4.html 2010年3月11日 ( 木 ) 〜 5月9日 ( 日 ) 東京都写真美術館 最終日の昨日、みてきました。 写真展かと思いきや、映像インスタレーションが沢山ありました。 あんまり映像インスタレーションを好まない私ですが、さすがに三島由紀夫に扮した「静聴せよ」にはシゲキを受けました。とくに「諸君は表現者だろう・・・」と絶叫しているセリフが私の心にひびきました! ■対談 201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/10 11:41
Pen with New Attitude やっぱり好きだ!草間彌生 。特別復刻版ステッカー付き
Pen with New Attitude やっぱり好きだ!草間彌生 。特別復刻版ステッカー付き 部屋を片付けていたら、いいものを発見しました! やっぱり好きだ!草間彌生。 私の毎日はたくさんの政策のイメージが出てきて興奮させられます。 それは幼い頃よりの美の出現でした。 毎日の買いパスの中から躍り出た、私の生命や生きること、病むこと、老いること。 そして華やかな幻想的な作品群を作り続けてきたのだった。作画が完成したときの私の願い。 それは私の魂の中からわき上がる、世界や宇宙への心からなるメッセージです。 世界中、1千背負うのない戦いのない、私の平和への願いを私の絵から読み取っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/09 11:07
アーティスト・ファイル2010―現代の作家たち 国立新美術館
アーティスト・ファイル2010―現代の作家たち 国立新美術館 2010年3月3日(水)〜5月5日(水・祝) 国立新美術館で行われている「アーティスト・ファイル2010―現代の作家たち」 最終日の前日になって、やっと見てきました。 鑑賞時間は15分で終了してしまいました。 まーモダンアート・現代アートということはまだ、人々の目にさらされる時間というか月日が浅いですから、淘汰されてないっていうか、ふるいにかけられていないっていうか・・・残るべくして残るとか・・・そういうところを経過していませんからね。でも15分ははやすぎですが・・・ ヴィデオってかD... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/05 00:03
リアム・ギャラガーLiam Gallagherインタビュー BRUTUS
リアム・ギャラガーLiam Gallagherインタビュー BRUTUS http://take-it-ez.at.webry.info/201004/article_21.html P.119 Liam Gallagher インタビュー 解散したバンド、オアシスOasisしかしリアム・ギャラガーは何事もなかったかのように音楽活動を続け、そして自身のファッションブランドPretty Greenにも力をいれている。今、リアムはいう。 「音楽と服に、つくるうえでの違いはないね。なにしろ、オレはリアム・ギャラガーなんだ。わかるだろ?バンドの音楽も服も、オレの"名前"を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/04 00:07
劇団K助Presents「オムニー」 野方区民ホール
劇団K助『劇団K助Present 「オムニー」 ●日時:4月30日(金)〜5月2日(日) 4月30日(金) 19時 5月1日(土) 12時・16時・19時 5月2日(日) 13時・17時 ●会場:野方区民ホール (西武新宿線の野方駅より徒歩3分) ●チケット 全席指定 前売り3500円 当日3800円 友だちの伊藤高史くん(バイ・ザ・ウェイ)に誘われて昨日の楽日の最終公演を鑑賞してきました。 作・演出をおこなっているカトムラ雅彦さんとA・ロックマンさんが某芸人さんということで... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/03 11:39
ピーナッツ生誕60周年記念イベント/スヌーピー ハッピー パーティー展@西武池袋本店別館2階
ピーナッツ生誕60周年記念イベント/スヌーピー ハッピー パーティー展@西武池袋本店別館2階 ピーナッツ生誕60周年記念イベント/スヌーピー ハッピー パーティー展 ■会期:5月1日(土)〜8日(土) ■会場:西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー ■開場時間:午前10時〜午後8時 ■入場料:一般・大学生500円/高校生以下無料 ※入場は午後7時30分まで。 ※クラブ・オン/ミレニアム会員のお客さまは300円(ご優待料金)にてご入場いただけます。 ■特別協力:クリエイティブ・アソシエイツ、チャールズ・M・シュルツ・ミュージアム & リサーチセンター、ユナイテッド・メディア ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/02 11:20
アーティストとしての画家を描いた映画
アーティストとしての画家を描いた映画 ◎作家:ポール・ゴーギャン 映画:シークレット・パラダイス キーファー・サザーランド主演 ◎作家:ジャクソン・ポロック 映画ポロック 2人だけのアトリエ エド・ハリス主演 ◎作家:ヨハネス・フェルメール 映画:真珠の耳飾りの少女 通常版 スカーレット・ヨハンソン コリン・フース出演 ◎作家:レンブラント・ファン・レイン 映画:レンブラントの夜警 マーティン・フリーマン主演 ◎作家:ジャン=ミシェル・バスキア 映画:バスキア ジェフリー・ライト デニス・ホッパー ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/04/22 00:05
モーリス・ユトリロ展 −パリを愛した孤独な画家− 損保ジャパン東郷青児美術館
モーリス・ユトリロ展 −パリを愛した孤独な画家− 損保ジャパン東郷青児美術館 モーリス・ユトリロ展 −パリを愛した孤独な画家− Maurice Utrillo Un peintre solitaire qui aimait Paris 昨日が初日で、本日二日目、13:30ころから14:30くらいの滞在だったのですが、空いていました。ガラガラというわけではないのですが、決して混雑しているという表現はあてはまらないですね。 私が気に入った作品は「ブルイユの十字架、アンリ4世の狩りの待ち合わせ場所、ベッスィーヌ・スュル・ガルタンプ(オート=ヴィエンヌ県)」だけです。192... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/19 00:01
サンフランシスコにいる友だちの赤ちゃんの誕生祝いに!
サンフランシスコにいる友だちの赤ちゃんの誕生祝いに! 先月、サンフランシスコにいる友だちに初めての赤ちゃんが誕生したということで、そのお祝いに何か風流なものを伝えられないかと考えたのが原点です。 1つ目は、ひろってきた桜をああでもない、こうでもないと1時間かけてスキャンしまくった苦心のものです。 2つ目は、1つ目にスキャンしたものを押し花状態にしたものを、一昨日2時間かけて貼り付けました。 3つ目は、2つ目にインスパイアを受けて、なんとなく、流れでつくったのですが、3時間はかかってしまいました。 つくりおえて、満足というよりも、ほかにもやる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 19:10
ぴんぽんず「最高」川本@西口プロレス カワモト文明
ぴんぽんず「最高」川本@西口プロレス カワモト文明 ぴんぽんず「最高」川本@西口プロレス カワモト文明 西口プロレス創立九周年記念興行第2弾 「安藤なつ引退興行(だけど第4試合)」 3月27日(土)開場18:30試合開始19:30新宿FACEで開催されました。 第一試合 シングルマッチ ジャイアント小馬場 VS 世界のうめざわ 第二試合 シングルマッチ 超能力少年ダイジ VS ヨット戸塚 第三試合 ハードコア選手権試合5WAYマッチ (王者)三平×2 VS ユンボ安藤 VS 焙煎TAGAI VS ダーティー仮面 VS ラブセクシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/03/28 00:19
「黒セクスタシー」 生徒会長金子総合演出 4/11(日) 新宿劇場バイタス sextacy
「黒セクスタシー」 生徒会長金子総合演出 4/11(日) 新宿劇場バイタス sextacy 2010年4月11日(日) 会場:新宿 劇場バイタス http://vitus.main.jp/ 開場17:00 開演18:00 ・前売¥2,000(税込) ・当日¥2,500(税込) 黒セクスタシー 最新情報! ◆黒セクスタシー前売チケット 3/21am9:00よりweb販売開始!!  「生徒会長金子PRESENTS 黒セクスタシー」の公演前売チケットをセクスタシーオフィシャルネットショップにて期間限定で販売致します。 販売価格は、通常前売価格 2000円(税込)のところを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/27 05:16
『オフィス★怪人社LIVE!43』  2010.3.23Mon 祝日
『オフィス★怪人社LIVE!43』  2010.3.23Mon 祝日 次回のオフィス★怪人社LIVE!44は5月16日(日)18:00 新宿Fu-決定です。 昨日の怪人社LIVE43みてきました。 注目は、R-1準決勝まで残った「キャプテン渡辺」でした、パチンコネタやっぱり、面白いです。「カスだね!」 それに身びいきで「生徒会長金子」。 しかし、圧巻は「清水宏」さんです。http://blogs.dion.ne.jp/one_man_bus2007/ 通常5分くらいのもち時間のなか、阿蘇山さんによると清水宏さんは18分も一人で暴走していたようです。 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2010/03/23 11:23
ソリティアが無くなったらこの世は終わり 山田ジャパン第5回公演
ソリティアが無くなったらこの世は終わり 山田ジャパン第5回公演 サンモールスタジオで行われた山田ジャパンの「ソリティアが無くなったらこの世は終わり」ソリティアってあのウィンドウズとかに入ってるソリティアのことなのかと思っていたのですが・・・そのソリティアでした。今日みてきました。いとうあさこさん「イライラする!」というコメントのサインいただきました ちなみに、windowsではスタート→すべてのプログラム→ゲーム→ソリティアで遊べます。 やっぱり、売れている旬の芸人っていうのはなにかがあるのでしょうね。浅倉南39歳でおなじみのいとうあさこさんが叫びながら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/03/20 18:49
レンピッカ展 夏木マリ音声ガイド Bunkamuraザ・ミュージアム
レンピッカ展 夏木マリ音声ガイド Bunkamuraザ・ミュージアム 3/15の「誘拐ラプソディ」の最終試写に行く前 http://take-it-ez.at.webry.info/201003/article_16.html Bunkamuraザ・ミュージアムで3/6-5/9美しき挑発レンピッカ展、本能に生きた伝説の画家を見てきました。私は美術館にいくといつも音声ガイドを利用するのですが、驚きました。なんと、ナレーションは女優の夏木マリさんではないですか。 こんなことなら、もっと早くにこの展覧会にくるべきだったと、己の事前調査力を悔やみました。夏木マリ様に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 0

2010/03/18 10:22
『オフィス★怪人社LIVE!43』 2010.3.23Mon 祝日
『オフィス★怪人社LIVE!43』 2010.3.23Mon 祝日 会場17:30 開演18:00 【会場】 ミニホール新宿Fu- 03-3208-9028 【司会】 IKKAN+田中精+遠藤公太朗 【出演予定】 虹組キララと研究生(IKKANプロデュース) タッツィー(IKKANプロデュース) 土井メイ子(IKKANプロデュース) アキラボーイ 阿曽山大噴火 荒木巴 キャプテン渡辺 劇団イワサキマキオ 清水宏 生徒会長金子 ダーリンハニー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2010/03/13 23:36
東京セレソンDX 3年ぶりの新作「くちづけ」
東京セレソンDX 3年ぶりの新作「くちづけ」 Tokyo Seleccion Deluxe 10th Anniversary vol.2 東京セレソンデラックス 「くちづけ」 3年ぶりの新作 ●東京公演会場: シアターサンモール 2010.7.7(水)-8.1(日) ●大阪公演会場:シアタードラマシティ 2010.9.22(水)-9.26(日) ●名古屋公演開場:名鉄ホール 2010.10.08(金)-10.10(日) ●札幌公演会場:道新 ホール 2010.10.15(金)-10.17(日) 前売・当日:6,0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/10 16:32
誕生日と東京セレソンデラックス
昨日、自身が役者としてもまた人気脚本香としても大活躍中の宅間孝行さんが主催している東京セレソンデラックス What a wonderful Life!を見てきました。この舞台で主演の伊藤高史くんが私の誕生日ということで招待をしてくれました。ありがとう伊藤くん。 東京セレソンデラックスメンバー、また、次回公演3年ぶりの新作「くちづけ」の出演者らもいらしていて、打ち上げ&誕生会、本当にたくさんのかたにサインをいただきました。みなさま、ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 13:53
セレソン公演初日 DX WHAT A WONDERFULLIFE! ver.2010
2010年3/2東京セレソンDX WHAT A WONDERFULLIFE! ver.2010 http://take-it-ez.at.webry.info/201001/article_24.html 注目の公演初日ということだったので、シアターサンモールへ終演を見越して手土産をもって、主演の伊藤高志くんをたずねました。 セレソン主宰の宅間孝行さんももちろん、舞台を見守っていたようです。 もともと130分くらいの物語らしいのですが、19:10にはじまって21:35くらいに終わりました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/03 01:40
祝 笑点 六代目三遊亭圓楽襲名(元 三遊亭楽太郎)
日本テレビにて日曜17:30から放送の「笑点」 本日は、三遊亭楽太郎改め、六代目三遊亭圓楽襲名 いやー、笑点らしい襲名口上 三遊亭好楽さんの進行で、笑点メンバーから心温かというか、笑点らしい前口上でした。 ほほえましい光景でしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 17:59
『ワンドロップ』 発条ロールシアター
■脚本・演出 則末チエ ■出演 橋本利明(黒川事務所) 岩井將行(sakulaplan) 虹組キララ(オフィス★怪人社) 日高ゆりあ(バンビプロモーション) 小野島由惟 杉浦 直 前田明範 根市裕久 江戸川良 加茂 克 ■日時 2010年 4月1日(木) 19:00 4月2日(金) 19:00 4月3日(土) 14:00/19:00 4月4日(日) 14:00/18:00 ※受付&開場は開演の30分前となります。 ■会場 新宿タイニイアリス 東京都新宿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 00:15
フランク・ブラングィン展 国立西洋美術館会館50周年記念事業
2/23-5/30 初日の23日は逃したものの、24日のお昼にいってきました。 平常の12時過ぎ、会場内はすいていました。 ちなみに、今回の展示は国立西洋美術館らしくない展示内容というか雰囲気があります。中世のコッテコッテのポスターのような絵画や、または肌の質感の表現に尽力をしたという作品というのではなく、とにかく国立成長美術館での企画展らしからぬ展覧会です。別に文句じゃないですよ。でも、会場内展示数が少ないっていうか、なにか、換算としたいつもの国立西洋美術館企画展とは、あきらかに異なる雰... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/02/26 02:32
猫ひろし出版記念LIVE付き講演会 猫でも出来る人生講座 
昨日の2/24は本当に忙しかったです。疲れました。疲れに疲れて、ねつけません。 お昼に国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展をナレーション窪田等さんの音声ガイド約32分とともに見ました。 http://take-it-ez.at.webry.info/201002/article_23.html そのまま国立西洋美術館の本館&新館での常設展をかれこれ、2時間以上かけてまわってしまって・・・ヘトヘトに疲れてしまいました。久々にみた常設展、私のお気に入りのジャクソン・ポロック「ナンバー8, ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/25 01:38
フランク・ブラングィン 国立西洋美術館
本日が初日のフランク・ブラングィン展Exhibition of Frank Brangwyn国立西洋美術館。2/23〜5/30 今日は都合がつかなかったので、初日は都合がつきませんでした。 昨晩、ダイニングバーのラックでフランク・ブラングィンの顔を見かけました。直感的に手にとってみると、やっぱりフランク・ブラングィン関連でした。 フランク・ブラングィン展開催記念、レストランとのタイアップ企画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/23 20:01
熟読アラーキー「愛はディック・ミネ」実をいうと私は、写真を信じています 荒木経惟著
「実をいうと私は、写真を信じています」荒木経惟 アラーキー http://take-it-ez.at.webry.info/201002/article_7.html 熟読してまいりましたが、2/14によみ終えてしました。よみすすめていくうちに、終わらないでくれ・・・そんな複雑な想いが胸をうちました。 すばらしい、感性でございます。先生! まずは、入院中の奥様陽子様の遺稿「ヒマワリのぬくもり」エッセイの中から紹介です 「夫はこんな私を慰めるために、いつも大ぶりなイキイキした花束を抱えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/16 19:26
「実をいうと私は、写真を信じています」荒木経惟 アラーキー
ここ数日、ガンガンにはまっているものがあります。アラーキーこと写真家の荒木 経惟(あらき のぶよし)先生のエッセイ本。 日本図書センターから「実をいうと私は、写真を信じています」荒木経惟 強烈です。インパクトがありすぎます。私のバイブルというにふさわしい一冊になりました。 一瞬、電撃ネットワークの南部虎弾さんを私に連想させる表紙帯には、アラーキー先生の顔写真と「デビューとうじから現在に至るまで、荒木経惟によって綴られたエッセイの数々を精選した、ファン必見のアンソロジー」写真=人生 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/07 01:07
タイガー 第4回公演『ポリスメン・ザ・スーパースター』稲田徹出演
今年一発目の舞台は、どコメディです。いや、コメディってジャンルでは生易しい程バカバカしい内容です。 出演者も、端から端までバカばっか。バカが真剣にバカを演じております。 重いテーマもカタルシスも無いこの作品。肩の力抜いて気楽に観にいらして下さい。 ‡‡稲田徹‡‡ 俳優としても声優としても活躍している稲田徹さんから、舞台のお知らせが来ました。今日の19:30これから出発です。 ドラゴンボールGT(ルード、アリジゴクモドキ、ピース、エビッチリー、人造人間19号) ∀ガンダム(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 15:22
ひとやすみライブ〜初笑いスペシャル〜 @ティアラこうとう小ホール
http://take-it-ez.at.webry.info/201001/article_15.html 超アングラナイトでの織り込みチラシに「赤いプルトニウム」の文字を発見!これはいかなければ・・・! 魔法使い太郎ちゃんの誕生会 http://take-it-ez.at.webry.info/200912/article_6.html で知り合って以来の再会でした。 オープニングに東京ロンリーboyさんと年々念さんによるMC。 東京ロンリーboyさん関連のライブという共通点はあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 00:11
東京セレソンDX WHAT A WONDERFULLIFE! ver.2010
友人の伊藤高史くん(融合事務所所属・東京セレソンデラックスメンバー)今回は東京セレソンデラックスで主演です。ぜひとも、皆さん都合があえば、足を運んでください。私は3月3日19:00にみにいきます。 2010年3月2日(火)−3月7日(日) 東京セレソンDX10周年記念イヤー スペシャル第一弾 オムニバスな番外公演だ! 「時間がない」をテーマにした4つのストーリー。 お馬鹿で熱い奴らが今回も大暴れ! コメディあり!シリアスあり!歌あり!踊り???なし! 素晴らしきかな、人生! ht... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/24 18:18
「爾汝の社」 女組初日
2009年オフィス★怪人社主催忘年会 http://take-it-ez.at.webry.info/200912/article_14.html でであった石井明日香ちゃん出演の「爾汝の社」じじょのやしろ 再来 榊原利彦主催劇団レッド・フェイス http://take-it-ez.at.webry.info/201001/article_10.html 1月21日(木) 19:00開演(女組)★ うのやえこ・田中良子・石井明日香・南口奈々絵・内田量子・塚本あい・佐野みかげ・那珂村タカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/22 00:08
ボルゲーゼ美術館展 東京都美術館企画展示室
ボルゲーゼ美術館展が初日だったから見てきたんですが、この企画展が終了したら、東京都美術館を閉鎖して2年かけて改装するそうです。音声ガイドの最期にそんなナレーションがはいっていました。 http://www.borghese2010.jp/ 京都国立近代美術館で行われていたボルゲーゼ美術館展GALLERIA BORGHESE 会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園8 -36) 会期:平成22年1月16日(土)〜4月4日(日) http://www.tobikan.jp/ 東京は本日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 1

2010/01/16 15:30
超アングラナイト 中野
15組の出演による超アンダーグラウンドなお笑いライブにいってきました。 はるか昔、電撃ネットワーク主催の新宿クレイジーナイトをみたとき、本当にクレイジーだな・・・っと感じたことを思い出させてくれた オフィス★怪人社LIVE!42&打ち上げ・新年会! http://take-it-ez.at.webry.info/201001/article_11.html IKKANさんもクレイジーだなーっと感心させられていたのですが、今夜もクレイジーをみつけました。 また、知り合いが増えたいい一日で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/15 23:26
爾汝の社 じじょのやしろ 再来 榊原利彦主催劇団レッド・フェイス
バトルロワイアルIIで(野坂真帆)役の石井明日香ちゃんから舞台に関するメールをいただきました。石井明日香ちゃんに出会ったのは、本日18時からミニホール新宿Fu-にて行われるオフィス怪人社ライブを運営しているオフィス怪人社2009年忘年会でのことでした。 http://take-it-ez.at.webry.info/200912/article_14.html ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/10 11:26
世界のドキュメンタリー ジョン・レノン没後30年「世界を変えたイマジン(前・後編)」
実にいい番組でした。たしか製作はイギリスのBBCテレビ、さすがイギリス版の日本でいうNHK! いい番組をみました。 http://nhknews.tabi30.com/archives/2441/trackbackより 3夜連続でお送りするビートルズ特集。 1日は、シリーズ ジョン・レノン没後30年「世界を変えたイマジン(前・後編)」。 ジョン・レノンが作った名曲“イマジン”。 いまも歌い継がれるこの曲が生まれた背景や、世界に与えた影響をジョンの生前の映像、オノ・ヨーコのインタビュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 22:01
天使の涙・・・〜竜眼堂物語VOL 1 木根尚登 
赤ペン瀧川先生による新宿ロフトでのライブで、 http://take-it-ez.at.webry.info/200912/article_2.html 久々にTM NETWORKを気にかける数日前に、木根尚登さんの舞台があるときいていまして・・・ 本日、知人にいって、チケットをとってもらいました。 木根さんにサインもいただいて・・・うれしかったです。 ハルちゃん、桜井さん、どうもありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 22:34
「ラヴ・レターズ」宅間孝行&大和田美帆
本日2009.12.13日曜日、渋谷のパルコ劇場でみてきました。 うーん・・・深いパーカー51.1970年代や1980年代のアメリカのサブカルチャーをにおわしつつ。・・・ 手紙を「廃れゆく小さなアート」と評するこの刹那さ。 東京セレソンDXの宅間孝行さんの出演ということで なんだかんだで、10名くらいの仲間でみにいったのですが、その中の中心的人物、伊藤高史くんいわく いままで「何回か、朗読会をみてきてるけれど、二人っきりの朗読会でかまなかった女優がいると・・・この企画二度目の出演の戸田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/13 23:10
赤ペン瀧川先生 新宿LOFT/PLUS ONE
2009.12.6 Sun.昨日、新宿ロフトプラスワンで行われた赤ペン瀧川先生 「全国DVD発売記念ライブ エロメール添削スライドショー VOL.5 DVDに入れちゃダメって起こられたネタ特集」 友人たちと見てきました。 ロフトプラスワン満員御礼でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/12/07 13:26
Made in Cassina メイド・イン・カッシーナ展
http://take-it-ez.at.webry.info/200904/article_10.html 以前から気になっていた「メイド・イン・カッシーナ展」に行ったのは5月20日の水曜日。 とても天気のいい日で、気温も高かったために、非難をするために六本木ヒルズ森タワー52階森アーツセンターギャラリーに入り込みました。中はとても涼しい。でも長くいると寒くなるので、展覧会にいくときは上着が必要ですね。 Cassina Collection 定番コレクション Cassina I Mae... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/31 19:19
阿修羅展 黒木瞳の音声ガイド 興福寺創建1300年記念 東京国立博物館・平成館
http://take-it-ez.at.webry.info/200903/article_34.html 初日の混雑振りに挫折をした国宝阿修羅展、いってきました。 音声ガイドは黒木瞳さんによるナレーションでした。約25分で17点のガイドをしています。 ガイドの内容は正直、充実していません。このガイドプログラム推薦するわけではないのですが、黒木瞳さんのファンの方は、利用をしたほうがいいでしょう。黒木瞳さんと一緒に鑑賞をしているという妄想までいかなくても、何かしらの刺激にはなるとは思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 00:06
ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号 (三才ムック VOL. 241) (大型本)
石井哲、小林哲朗、Shito*Ori、菅澤直哉、piyochichiという5人の圧倒的フォトで魅せる「巨大工場の不思議な魅力」、珍しい「新プラント誕生の瞬間」、また涙なしでは見られない「JFEスチール東日本製鉄所千葉地区第5溶鉱炉の最後の姿」を紹介しています。 また、工場外観に関する素朴なギモンを東工大・化学工学専門の伊東章教授に詳しく解説してもらっています。 (Amazon.co.jpより) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/29 18:11
マティスの時代 フランスの野性と洗練 ブリヂストン美術館
2009年 4月21日(火)-2009年 7月 5日(日) マティスの時代 フランスの野性と洗練 ブリヂストン美術館 特定の財団法人所蔵の美術品!?による展覧会ってどうなるんだろうと・・・気にはなっていました。 http://take-it-ez.at.webry.info/200903/article_12.html ブリヂストン美術館での 名画と出会う 印象派から抽象画家まで  を見て以来で二度目のブリヂストン美術館での展覧会になりました。 静物 1903年 画室の裸婦 1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/21 19:08
メイド・イン・カッシーナ展 アート?家具? 森アーツセンターギャラリー 森タワー52F
4月4日に見てきた森タワー53Fにある森美術館の万華鏡の視覚展 http://take-it-ez.at.webry.info/200904/article_5.html このときに2009.4/24-6/7で展示される「メイド・イン・カッシーナ展」という展覧会を知りました。 気になっていたのですが、先ほどチラシを発見しまして どんな展覧会か見てみました・・・今、一番興味のある展覧会です。 http://www.roppongihills.com/jp/events/macg_cass... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/11 00:13
万華鏡の視覚 THE KALEIDOSCOPIC EYE 森美術館
万華鏡の視覚 THE KALEIDOSCOPIC EYE 目を奪う、心揺さぶる、アートに出会う ディッセン・ボルネミッサ現代美術財団コレクションより  Thyssen-Bornemisza Art Contemporary Collection 2009年4月4日-7月5日 六本木ヒルズ森タワー53階 森美術館 Mori Art Museum 昨日が初日でして・・・本日の12:30ころに入館しました。 そんなに混んでいないだろうと予想をしていたのですが、その時分は空いていました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/05 19:48
大恐竜展 と 初日大盛況の阿修羅展
本日3/31阿修羅展が東京国立博物館でスタートしました・・・それで、行ってみたのですが、画像3枚目は9:20に撮影をしたものです。 おどろきました、この盛況ぶり・・・ダ・ヴィンチ展を思い出しました。入り口の平成館から本館の正面まで廟列が続いていました。 いや、そこまでしてみたいわけじゃないから・・・。ということで阿修羅展をみて、時間があったらいってみようかと考えていた国立科学博物館の大恐竜展に歩みを進めました。 さて、入り口はすいていたのは3月14日にはじまったからだろうと、胸をなでおろし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/31 17:53
国宝 阿修羅展 国立博物館
私は博物館よりも美術館の展示を好むのですが、明日3/31からはじまる国立博物館での「国宝 阿修羅展」 どんな展示なのかをインターネットでチェックしてみました http://www.asahi.com/ashura/index.html この展覧会、気にはなっていたのですが、見に行こうとはおもっていなかったのです。 でもサイトをチェックしたら、なんとインターネットでチケットが開催前日の本日3/30 23:59までオンラインで購入できるではなありませんか。 展示会を見に行くというよりも、こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/30 23:45
ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 国立新美術館
2009年3月25日(水)―6月1日(月) 7部門の名品、約200点 圧倒的なコレクションを誇る世界最大級の美術館、ルーヴル美術館から、歴史や地域を超えて「子ども」をテーマにした展覧会。 http://www.asahi.com/louvre09/index.html この展覧会は大阪でも巡回をします。 2009年6月23日(火)―9月23日(水・祝) 国立国際美術館(大阪市北区中之島4-2-55) http://www.nmao.go.jp 06-6447-4680(代表) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/25 13:39
都市へ仕掛ける建築 ディナー&ディナーの試み ハンドブック
ZEROスペシャル シリーズ 人の謎に迫る(6)−人間は文化的か動物的か? 今、NKKの教育テレビでサイエンスZEROを見ていたら、とんでもないテーマを取り上げていました。極論でいうと、凶悪犯罪の加害者は男性に多くみられると・・・ いや、司会者が、コメンテーターとゲストの間をとりもつまではいかなくても、仕切る場面が録画なのに放送されるとは・・・ちと、国営テレビなのに、驚くきました。 下記はNHKのHPから シリーズ「ヒトの謎に迫る」第6回は、「動物的な存在」と「文化的な存在」という二面性... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 00:43
マティスの時代 ブリヂストン美術館 4/21-7/5
「名画と出会う 印象派から抽象絵画まで」を1/24-4/12まで開催しているブリヂストン美術館の次なら展覧会は「マティスの時代」4/21-7/5です。 チラシの裏ににアンリ・マティスのコメントが記載されています。 「私は一枚の絵を見るとき、何が描かれているかは忘れてしまう。大切なのは線と形と色だけである。」 When I look at a painting, I forget about what it depicts. What matters are lines , shapes, ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 13:01
ミロ展 大丸ミュージアム
抽象絵画好きな私としてはブリヂストン美術館での「名画と出会う 印象派から抽象画家まで」はすばらしいものでした。 http://take-it-ez.at.webry.info/200903/article_12.html その興奮の直後に見た、大丸ミュージアムで行われている「ジョアン・ミロ展」がなんとも、物足りないことかと・・・ http://take-it-ez.at.webry.info/200903/article_13.html とても満足できるものではなく、8分で見終わったので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 22:44
片岡鶴太郎'09 池袋三越7回催物会場 2009年3月3日-3月15日
本日、池袋三越7回催物会場での片岡鶴太郎'09見てきてしまいました。 2009年3月3日-3月15日 3/6の17時から先着100名の片岡鶴太郎トークショー 3/6の15時からと3/7は11時からで先着200名のサイン会なんかもあったようです。 最近、いろいろな業界・職種の知人友人が増えまして、舞台なんかもよく見に行くようになりまして。 普段テレビのレギュラー出演をしていない人、いいかえると、頻繁にテレビで見かけない人が、たまにゲスト出演なんかをしたときは、だいたいは、何かしらの告知内... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/13 22:41
ジョアン・ミロ展 大丸ミュージアム 大丸東京店10階
昨日3/12 名画と出会う 印象派から抽象画家まで ブリヂストン美術館 http://take-it-ez.at.webry.info/200903/article_12.html を見た後、大丸ミュージアムへむかって、「ミロ展」です。 2009年3月5日-3月22日 ブリヂストン美術館にもジョアン・ミロの油彩/カンヴァスの「絵画 Painting」というタイトルの作品がありました。大丸デパートへ行くかいかないか、考えていたのですが、その作品を目にしたのは何かの縁であろうといってきました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/13 22:15
名画と出会う 印象派から抽象画家まで ブリヂストン美術館
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibit/index.php?id=74 昨日の3月12日の木曜日に初めてブリヂストン美術館へ入りました。 すばらしい収蔵品・展覧会です。それが大人800円で見れるなんて! ミニマムアート好きとしてはやはり印象派、または抽象画家は、興味ありすぎの大興奮です。 以前、月曜日にここへ来たのですが、休館日でした。そのとき初めて知ったのですが、ブリヂストン美術館は月曜日が休館日です。国立西洋美術館や国立博物館と一緒の月... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/03/13 22:01
yozakura
http://take-it-ez.at.webry.info/200902/article_17.html ル・コルビジェの設計による上野の国立西洋美術館でのルーブル美術館展をみにいったときに、上野公園を通ったのですが、もう開花している桜もあるんですね。 ちなみに、この展覧会は、「ルーブル美術館展」なのか「ルーヴル美術館展」なのか・・・ときに日本語の困るときです。 字が違うと、検索できないですからね。 ル・コルビジェも、ル・コルビュジェとか、ル・コルビジュ、ル・コルビュジエなどなど、い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/02 23:01
ルーブル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画 国立西洋美術館
国立西洋美術館 ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画 2009年2月28日-6月14日 http://www.ntv.co.jp/louvre/ 国立新美術館 ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 2009年3月25日-6月1日 http://www.asahi.com/louvre09/ ということで初日の本日、国立西洋美術館へ行ってきました。 音声ガイドは¥500でナレーションは俳優の中尾彬さん。 中尾彬さんの渋い声でガイドをしてくれるなんて、楽しみになりました。私の経... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/28 14:16
Light InSight ライト・[イン]サイト NTTICC
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]ギャラリーAほかhttp://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2008/Light_InSight/Works/index_j.html 2008年12月6日-2009年2月28日 10:00-18:00 サイトも丁寧に作られています。1作品ごとにきちんとページが存在して、解説をされています。多くの作品に、インタビューもリンクされています。 http://take-it-ez.at.webry.info/20090... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/24 08:07
ルオー収蔵作品展 色の秘密 松下電工汐留ミュージアム
http://take-it-ez.at.webry.info/200902/article_9.html ジム・キャンピーの原美術館に行く前に見てきました。 人それぞれに好みというものがありますが・・・私が原美術館でみて、納得したものはピピロッティリストくらいでして、それ以外は空振りが多いです。今回のジム・キャンピーも個人的には空振りの期待はずれでした。ちなみに入場1000円です。品川駅から原美術館まで歩いて20分かかるので・・・それもダメージ増です。 そんな原美術館に行く前に松下電工汐... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/20 21:29
都市へ仕掛ける建築 ディナー&ディナーの試み 東京オペラシティアートギャラリー
東京オペラシティアートギャラリーは初台の東京オペラシティ3Fにあります。 http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2008/Light_InSight/index_j.html 都市へ仕掛ける建築 ディナー&ディナーの試み 2009年1/17-3/22 を見てきました。 オペラシティ4FにあるNTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 「ライト・[イン]サイト―拡張する光、変容する知覚」 http://www.operacity.jp/ag... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/02/18 23:43
JIM LAMBIE ジム・ランビー アンノウンプレジャーズ UNKNOWN PLEASURES
時間をつくれたので、汐留にあるパナソニック電工汐留めミュージアムのルオー所蔵作品展「色の秘密」をみて、品川の原美術館でのJIM LAMBIE UNKNOWN PLEASURES ジム・ランビー アンノウンプレジャーズと本日ははしごしてきました。 汐留ミュージアムは後ほどお伝えしますが・・・ まずは原美術館からの紹介です。 基本的に原美術館はインスタレーションが多く、エキセントリックなものが多いです。 それをすっかり忘れてしまって・・・のこのこといってきてしまいました。 「ナイトヘッド」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/02/17 22:10
CHAR'S シャア専用
赤い紙を使用して、何か表現できないものかとここ数日考えていまして・・・ 街を歩いたりしているときに、赤色に注目をしていましたが・・・ 日常に赤い色っていうのは、あまりないんですよ。 看板、標識とか、人の注意をひくものばかりで、ある種、普通には存在しない色みたいです。 自然界でいうと花や虫が赤い色でありますが・・・動物で赤一色ってあったかな・・・。 そんなこんなで、赤色で思いつくものをリストアップしていって、その結果、 起動戦士ガンダムに登場するシャー・アズナブルかなって・・・シャア専... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/16 19:10
加山又造展 2009年1月21日(水)-3月2日(月) 国立新美術館
気象庁の発表によると、東京の最高気温は2/14は23.9℃で、本日2/15は17:03に記録した14.9℃。 今日は曇りがちでしたが、昨日はほんとうにいい天気でした。 そんなご陽気にもさそわれて足を運んだ国立新美術館の企画展示室1Eで行われている 加山又造展 2009年1月21日(水)-3月2日(月) 音声ガイドは500円、約30分、25点を紹介しています。 前回、国立新美術館に足を運んだのは2008年10月4日の巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡 http://take-it-ez.at.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 21:25
第12回 文化庁メディア芸術祭 12th Japan Media Arts Festival
加山又造展 平成21(2009)年1月21日(水)〜 3月2日(月) を見に行ってきました。 今日は天気が良かったから黒川紀章さんの設計による国立新美術館で、いい気分ですごすことができました。 第12回 文化庁メディア芸術祭 12th Japan Media Arts Festival 2009年2月4日(水)〜2月15日(日)は入場無料なので、とても混んでました。 とても興味があったのですが、こんなことなら平日の昼間に時間をつくって見に行きたかったです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 20:35
風が強く吹いている 三浦しをん原作
2009年2月13日(金) 19:00福岡サンパレスが最終日なのかな・・・私は1月12日テアトル銀座を見に行きました。 http://take-it-ez.at.webry.info/200712/article_31.html なんかもありまして、伊東高史くん、みてきましたよ。これが終わったら伊藤くん、この後は、TV東京のドラマの撮影のようです。 インテルのCMにバレーダンサーの「まりえちゃん」として出演していたディヴィッド矢野くんも出演していたり、ハイジ役の黄川田将也くんや、キング役の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/12 22:17
ピカソとクレー 音声ガイド 秀島史香 Bunkamura ザ・ミュージアム
http://take-it-ez.at.webry.info/200902/article_1.html でも紹介しましたが「ピカソとクレーの生きた時代」の続きです。 Bunkamura ザ・ミュージアムも面白いことをやっています。 音声ガイドを有料でダウンロード可能です。 展覧会の予習に! 使い慣れたプレイヤーで! 展覧会の復習にも! http://www.bunkamura.co.jp/shosai/org31_09_k20_topics_02.html またあらためて、復... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/10 22:45
ピカソとクレーの生きた時代 Bunkamuraザ・ミュージアム
更新をずいぶん、サボっていましたが、復活!第一弾です! 「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」Bunkamuraザ・ミュージアム http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/09_k20/index.html 2009.1/2Fri - 3/22Sun 改修工事で休館となるドイツにあるノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵作品が多く展示されています。 パウル・クレー作品が27点、パブロ・ピカソが6点、アンリ・マティスが1点、マル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/02/09 13:15
バカラ シャンデリア 恵比寿ガーデンプレイス・センター
恵比寿ガーデンプレイスで毎年恒例のバカラのシャンデリア・・・これがまたクリスマスが近づくと人ごみがすごいんですよね。 『Baccarat ETERNAL LIGHTS −歓びのかたち−』 会  期:2008年11月1日(土)〜2009年1月12日(月・祝) http://gardenplace.jp/weblog/baccarat_2008.html 11月1日からということですが、前日の10月31日から、点灯されていました。 ガーデンプレイスに住む人によると、10/31のAM2時ころ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 00:53
猫☆魂vol.13『アロマ』
下北沢駅の駅前劇場で行われている舞台「アロマ」を見てきました。 2008年10月22日(水)〜10月29日(水) 私が見てきたのは10月23日です。二日目です。 初日は150分の公演になってしまったそうですが、私が見た日は、120分少々というところでしょうか。 http://www.twin-beat.com/nekodama/ 花束もっていったんですが、電車の中でもいいかおりを花っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 23:21
Second Nature 吉岡徳仁ディレクション セカンド・ナイチャー展
久々に21_21 Design Sightへいってきました。 この展覧会のポスターがかっこよかったので、足を運んだのですが・・・ これからいこうと思っている人がいたら、注意が必要です。 二日酔いではいかないで下さい。 まだ、展示がはじまってから時間がたっていないせいか・・・ プラスチック製品の匂いが立ち込めている一室がありまして・・・ そこが広いんですよ。 幻想的ではあるのですが、においがきつくて、二日酔いでいった私はきつかったです。 プラス、インスタレーションと時間軸というのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/22 10:03
男の仕事 ロマン
10月9日のBILLBOARD LIVE Tokyoボビー・コールドウェルの21:30のライブを見た後です。 上手奥から、PAがいて、ベース、センターにドラムス、下手奥にキーボード。 上手手前にサックスキーボード、センタにボビー・コールドウェルとキーボード、そして下手に向かってギター、一番下手にコーラスの女性。 ちなみに、見える限りでキーボードは全てYAMAHA MOTIF ES7でした。 http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/synth/mo... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 12:44
BILLBOARD LIVE tokyo ボビー・コールドウェル
10月9日のビルボードライブトウキョウでの21:30のボビー・コールドウェルにいってきました。 初ビルボードライブだったのですが、中に入っていきなり驚きます。 ブルーのライトでエントランスがカッコイイ、異次元です。 受付をすますと、シートまで案内をしてくれて、至れり尽くせりという感じです。 ステージの裏のガラスから夜景も見えて、気分高まります。 そういった意味では、コットンクラブでのライブ前の高揚感を上回ります。ちなみに、ブルーノートは気取っているだけでショボイ店です。 ビルボードラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/10 10:16
「巨匠ピカソ」展 tokyo PICASSO
国立新美術館「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 http://take-it-ez.at.webry.info/200810/article_4.html サントリー美術館「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展 http://take-it-ez.at.webry.info/200810/article_5.html 「巨匠ピカソ」展 tokyo PICASSOを観てきました。 ついさっき知ったのですが、 10月5日(日)14:00「私にとってのピカソ」 佐藤可士和氏(アートディレクター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 23:42
「巨匠ピカソ 魂のポートレート」 サントリー美術館
国立新美術館で行われている「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」 http://take-it-ez.at.webry.info/200810/article_4.html で1話がちょっと長すぎる感のある音声ガイドを楽しんだ後には東京ミッドタウンガレリア3階のサントリー美術館で行われている「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展をみました。 2008年10月4日から12月14日まで。 こちらでももちろん、音声ガイドを利用しましたが・・・こちらの音声ガイドは面白くないですね。 それと展示もよくないで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/05 23:54
巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡 tokyo PICASO
2008年10月4日から12月14日tokyo PICASSOと題して、国立新美術館とサントリー美術館とで行われる展示会、初日ということでみてきました。 まずは国立新美術館「愛と創造の軌跡」から・・・ 音声ガイドは500円で焼く30分。 テレビ朝日アナウンサーの田畑祐一、下平さやか、高橋真紀子の3名でのガイドとなります。 ちょっと・・・1つの説明が長いように感じますが、ピカソの発言を多く集めて、魅力のあるガイドとなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/10/04 20:24
ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情 国立西洋美術館
2008年9月30日から12月7日まで国立西洋美術館でおこなわれるヴィルヘルム・ハンマースホイをみてきました。ハンマースホイって日本人には違和感が強い名前ですが、デンマーク出身の作家です。 音声ガイドとしては珍しく42分です。長いです。 ちなみにただの音声ガイドではなく、液晶モニターをもついていて第U章・建築と風景の「アメーリェンボー広場のフレズレク5世像」「クレスチャンスボー宮殿、晩秋」「旧アジア商会」の作品では、現在の写真と見比べることもできます。ちょっと工夫をこらした音声ガイドです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/04 00:50
吉村作治の早大エジプト発掘40年展
古代オリエント博物館で行われていた青いミイラマスクの展示すばらしかったです。 音声ガイドは吉村作治教授によるもので20分くらいありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 22:58
KURAMATENGU 銀座博品館劇場
昨日が最終日、知人が出演をしているので見に行ってきました。 想像とはちがって・・・笑いのある舞台で、楽しむことができました。 出演は 三田村邦彦 三波豊和 大出 俊 他 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 22:46
罠 サンシャイン劇場 
作 :ロベール・トマ 演出 :齋藤雅文 出演 池畑慎之介 川ア麻世 宮川浩 田口守 杜けあき 上條恒彦 9月23日16時の会を最前列でみることができました。 川ア麻世さんがソファーに座った状態での幕開き。ほぼ3時間出ずっぱりの演技です。 ちなみに、川ア麻世さんが使っていたシューズはハッシュパピーズでした。 最前列が故の醍醐味を堪能できました。 ちなみに、ピーターさん(池畑慎之介さん)がロングドレスの衣装で移動をしたときに、ピーターさんが巻き起こす風を感じま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 22:30
ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展 国立新美術館
ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展  昨日終了した展覧会です。音声ガイドは面白かったです。 1つの作品の紹介の後に、クイズのようなものを語って 「答えを知りたい方は○○をおしてください」 などと工夫のある音声ガイドでした。 この展覧会の目玉は、ディエゴ・ベラスケス「ばら色の衣装のマルガリータ王女」ですかね・・・ ベラスケス自身、長い筆ををつかってキャンパスから可能な限りはなれて細部をぼかしながらも輪郭を描いたという作品です。 みんな、数メートルはなれて絵を鑑賞していました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/16 22:47
シアター360 Theater 360
8/28国立科学博物館にいったとき、2度目になりましたがシアター360にも入りました。 http://www.kahaku.go.jp/news/2006/theater360/index.html 8分の上映で、前半と後半に分かれています。後半の恐竜のものは以前に見たものでした。 ちなみに、この日の前日、深酒をしてしまいまして、二日酔いでした。 上映が始まって、1分もたたないうちに、気分がわるくなりました。 人間っていうのはフシギな生き物だな・・・実際にその器がうごいているわけではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 21:55
金GOLD 黄金の国ジパングとエル・ドラード展
昨日、国立科学博物館で7月12日土曜日から9月21日日曜日まで行われている金GOLD 黄金の国ジパングとエル・ドラード展に行く前に、北島康介選手の実家の肉のきたじまによってきました。 お昼過ぎですが、行列ができています。 それで本題の展覧会をみてきたのですが、その北島康介選手が2004年アテネオリンピックで獲得した金メダル1つが飾られています。本人所蔵とありました。その隣には、WBCで獲得した王貞治監督の金メダルと、パラリンピックで競泳で3大会連続金メダルを獲得した河合純一選手のメダルもあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/29 23:46
フェルメール展 東京都美術館での音声ガイドiタッチ・ガイドシート 朝岡聡
現在、東京都美術館で行われているフェルメール展フリーアナウンサーの朝岡聡さんのナレーションによる音声ガイド。 http://take-it-ez.at.webry.info/200808/article_12.html 内容には満足できなかったのですが、この展示ではiタッチ・ガイドシートというものが採用されていて、これにはおどろきました。 http://www.gld-japan.com/ 絵LD Japanによる新しいガイドシステムです。 これはすばらしい。これまでのガイドシステム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 21:56
Vermeer フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち
「どれだけ面白い本を読み、どれだけ美しい絵を見て、どれだけすばらしい人々と出会ったか。これが私たち人間にとっての最後の財産となるのです」http://take-it-ez.at.webry.info/200808/article_11.htmlという瀬戸内寂聴さんのメッセージを受けて、美しい絵を見てきました。 2007年末フェルメール展が国立新美術館で行われましたが、ヨハネス・フェルメールの作品が45.5×41cm「牛乳を注ぐ女」の一点もみでした。 それに比べて、今回東京都美術館で行われてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/16 09:36
瀬戸内寂聴展 生きることは愛すること
「生きることは愛すること。世の赤をよくするとか、戦争をしないとか、その根底には愛がある。それを書くのが小説と思う。」 作家・瀬戸内寂聴さんが2006年11月に文化勲章を受章したときに語った言葉。そして今日、またすばらしい文言に出会い、心を揺さぶられました。瀬戸内寂聴展の展示会の最後に、瀬戸内寂聴さんに宛てられた著名な方からの手紙なども展示されています。そこの紹介文です。 「どれだけ面白い本を読み、どれだけ美しい絵を見て、どれだけすばらしい人々と出会ったか。これが私たち人間にとっての最大の財産... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/14 22:19
行けなかった・・・エミリー・ウングワレー展
「ドリーミングとは」 アボリジニの世界観に関して用いられる言葉。アボリジニの宇宙観や創世、祖先、宗教的および社会的な行為に関する掟、彼らの生活を支える霊的な力、それらに関連する物語を包括的に指して用いる言葉。個人、集団ともにそれぞれの故郷(カントリー)にまつわるドリーミングの物語(ストーリー)を司っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 23:58
BAUHAUS experience,dessauバウハウス・デッサウ展のインスパイア
そういえば、最近、アウトプットしてなかったな・・・ 「内なる可能性を育むのではなく、今ある可能性を発揮するということが、ベストを尽くす」ということではないか。 本日、日中にサイフォンでいれてもらったコーヒーを飲んでいて気づきました。 http://www.bauhaus-dessau.jp/ 東京藝術大学大学美術館で7月21日まで行われている「バウハウス・デッサウ展」に、今日行こうかどうしようか悩んでしまいました。結局・・・いかなかった・・・。 2階で展示されている「ヨーゼフ・アルバー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 21:02
没後50年 ルオー大回顧展 出光美術館 2008年6月14日(土)〜8月17日(日)
「ルオー展」で検索をすると松下電工汐留美術館での「ルオーとマティス展」がヒットしてきます。 「ルオー大回顧展」で検索をすると、出光美術館で現在8月17日まで開催されている展覧会がヒットです。 http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/pdf/list.pdf ここから展示リストを見ることができます。 ジョルジュ・ルオー作品を400点以上所蔵する質・量ともに世界最大規模を誇る出光コレクションによる展覧会ですので、お... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 09:38
井上雄彦 最後のマンガ展 入場規制光景
先週の金曜日7月4日に時間がとれたので、上野の森美術館 井上雄彦 最後のマンガ展 へ足を運んだのですが・・・驚きました。 何でこの平日の午前中にこれほど人がいるんだと・・・ 2枚目の写真は、1枚目を撮影するために、みなさんいそがしくシャッターをきっています。 3枚目が、入場規制による行列です。これをみて、入場をあきらめて、出光美術館のルオー展へ向かいました。 おそるべし・・・井上先生・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 23:04
アール・ブリュット/交差する魂 松下電工汐留ミュージアム 2008年5/24日〜2008年7/20
ジャン・デュビュッフェは語っています。 「芸術とはわれわれが用意した寝床に身を横たえにくるのではない :芸術はわれわれがその名を口にした途端逃げさるものだ: 芸術が好むのは、知られないこと(incognito)なのだ。 そしてその最良の瞬間とは、芸術がその名を忘れるときである」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 01:21
コロー 光と追憶の変奏曲 カミーユ・コロー(1796-1875) 国立西洋美術館
7月5日に放送された美の巨人 今日の一枚は「モルトフォンテーヌの想い出」でした。 2008年6月14日〜8月31日開催です。 私が見てきたのは6月29日金曜日でした。 いい展覧会です。私個人の感性ですが・・・人物がよりも風景画のほうが好みのようなので、気に入りました。 音声ガイドの中でも紹介をされていますが「真珠の女」では、真珠が描かれていないということです。 音声ガイドのナレーションは中村吉右衛門さんです。シックです。渋い声がガイドにふさわしい♪ 有料の場合はだいたい500円ですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 00:44
チェ・ウラム Choe Uram "Anima Macvhines"
http://www.scaithebathhouse.com/ja/artists/choe_u_ram/index.php 〒110-0001東京都台東区谷中6-1-23 柏湯跡 TEL:03-3821-1144 SCAI THE BATHHOUSEで2008年6月28日までということで、本日、見てきました! 新生物の発見です。 ちなみに、作者のチェ・ウラムさんは韓国ソウル生まれ http://www.uram.net/ このサイト、めちゃめちゃカッコイイ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 20:31
青春のロシア・アヴァンギャルド Bunkamuraザ・ミュージアム
渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムにて2008年6月21日土曜日から8月17日日曜日までモスクワ市近代美術館所蔵「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで」開催されています。 初日の本日・・・行って来ました。 ミハイル・ラリオーノフ「女の肖像」赤を基調にすばらしい色使いです。 マルク・シャガール「ヴァイオリン弾き」は、もともとユダヤである、マルク・シャガールの象徴ともいえる作品です。ユダヤの人々とヴァイオリンというのは、深くつながっているというのが音声ガイドでい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 23:02
ルオーとマティス 松下電工汐留ミュージアム
2008年3月8日から5月11日の日曜日まで松下電工汐留ミュージアムルオーギャラリーで開館5周年ルオー没後50年特別展ということで「ルオーとマティス」展が開催されています。 何年も前に国立西洋美術館で行われたマティス展は本当に良かったので、そのマティスの作品が今みれるということで、行ってきました。 キーワードは「フォーヴ」です。まずはジョルジュ・ルオーとアンリ・マティスの師匠であり、サンボリスム・象徴主義の代名詞ギュスターヴ・モローの絵画が迎えてくれます。「ケンタウロス」も面白い絵ですが、驚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 01:16
イロハニホヘトチリヌルヲワカヨタレソツネムラムウヰノオクヤマケフコヘテアサキユメミンヱヒモセスン
http://take-it-ez.at.webry.info/200804/article_29.html 上野公園の青い麒麟を紹介しましたが、そういえば、上野公園内の東京都美術館の敷地内にフシギな物体があります。 「イロハニホヘトチリヌルヲワカヨタレソツネムラムウヰノオクヤマケフコヘテアサキユメミンヱヒモセスン」 MOGAMI HISAYUKI 第8回日本現代彫刻展 東京都美術館 1979 隕石のように見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 08:58
上野公園青い「麒麟」
上野公園に青い麒麟がいます。「麒麟」熊谷貴明 2008とあります。 上野公園の上野動物園の客寄せパンダこと、リンリン、22歳7カ月。ジャイアントパンダの22歳7ヶ月は人間でいえば70歳に相当するそうです。 高齢による心臓と腎臓の機能低下の治療に入るために、4月29日からは治療にはいるために、一般公開できないそうです。 はやくよくなってね♪リンリン♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 18:52
オマール・アクバー(バウハウス・デッサウ財団 館長)講演会
現在のバウハウス・デッサウ財団 世界遺産と応用の都市計画に商店をあてたデザイン、リサーチと教育の側で。 日 時:2008年4月26日(土)午後2時〜4時 講 師:オマール・アクバー(バウハウス・デッサウ財団 館長) 会 場:東京藝術大学美術学部 中央棟第一講義室 http://take-it-ez.at.webry.info/200804/article_26.html BAUHAUS experience,dessau バウハウス・デッサウ展の展示会場に入る前に14時から行われる講演... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 00:37
BAUHAUS experience,dessau バウハウス・デッサウ展 東京藝術大学美術館
http://take-it-ez.at.webry.info/200804/article_25.html でも書いたのですが、松下電工汐留ミュージアム「ルオーとマチス」展をみるために、新橋駅で降りるつもりだったのですが、勘違いで上野駅を出てしまいまして・・・たまたま、金券ショップをのぞいたら、東京藝術大学美術館での「BAUHAUS experience,dessau」バウハウス・デッサウ展を見つけて、2008/4/26-7/21って今日が初日・・・じゃあ、これ行っちゃおうかな・・・ 音声... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/26 18:13
TOKYO BUNNY GIRLS 4/13〜4/23 LIQUIDROOM
http://www.tokyo-bunnygirls.com/ フォトグラファー薮田修身さんのBOOK&PHOTO EXHIBITIONが恵比寿リキッドルームで行われています。 恵比寿リキッドルーム http://www.liquidroom.net/とTOWER CAFE http://www.towercafe.jp/の関係ってよくわからないのですが・・・ お昼ごはん、ここ数日は、すっかりとTOWER CAFEで食べています。 理由は店内モニターで写真のスライドが上映されているから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/23 00:03
シアター360 THEATER360国立科学博物館 日本館地下1階
国立科学博物館日本館地下1階にあるシアター360 360°スクリーンといえば、Zガンダムから採用されているコクピットのモニターではないですか・・・ガンダムファンならば、永遠の憧れです。 その360°スクリーンを体験できるというのであれば、喜んで! 体験してきました。「恐竜の世界〜化石から読み解く」を見ました。 いや、これはすごいです。 実際にはその球体は動いてはいないということを物理的に認識しようとしても、それでも360°スクリーンにだまされてしまって、まさに球体が移動しているかのよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/21 02:24
ダーウィン展 国立科学博物館 2008年3月18日〜6月22日
11:30に国立科学博物館に入館しました。 混み具合はそこそこ・・・といっても、子供がとっても多かったです。子供をつれた家族連れがとても多かった。 そんな子供が多かった「ダーウィン展」ですが、私からみて、子供にはあまり面白くないと思います。大人はそれなりに面白いと思います。もともとダーウィンに興味をもっている人でないと、このダーウィン展に行くことはないと思いますし・・・子供の場合はファーブル展とかがあったら、面白いでしょうね。手塚治虫、水木しげる、昆虫博士のファーブルも、友達との遊びよりも一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 18:47
曼荼羅レプリカ3045円「国宝 両界曼荼羅図 金剛界 胎蔵界 東寺蔵」
東京国立博物館での薬師寺展には残念な思いが残りましたが、本当は本館の半地下にある売店に興味があったんです。以前、「仏像展」「ダヴィンチの受胎告知」が国立博物館で行われていた際に、本館売店で「国宝 両界曼荼羅図 金剛界 胎蔵界 東寺蔵」3045円、つまり曼荼羅のレプリカ購入の目的がありまして・・・ 近々東京国立博物館に行きたいなんて考えていたので、曼荼羅と薬師寺展と、いい機会です。 東京国立博物館の売店は写真にある本館の半地下にあります。ちょっとわかりにくい場所にあります。個人的に、興味のある... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/13 12:46
国宝薬師寺展 東京国立博物館 2008年3月25日-6月8日(日曜)
たまたま、偶然薬師寺の話を耳にする機会が立て続けにあって、今、東京国立博物館で薬師寺展をやっているな・・・ということで、本日行ってまいりました。 奈良の薬師寺の住職「今のストレスの多い世の中において心の平安を一人でも多くの方に」という祈りもこもっているということで、みてきました。なんか、最近疲れてるしな・・・肉体的疲労もあるけれど、精神的疲労もあるんだろうな・・・心の平安か・・・。気になっていました。 12:10に入館をしたのですが、そこそこ混んでいました。予想以上に年配の方が少なくて、若い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 14:42
北欧モダン デザイン&クラフト 東京オペラシティアートギャラリー
北欧モダン デザイン&クラフト 東京オペラシティアートギャラリーhttp://www.operacity.jp/ag/exh88/ 2007年11月3日から2008年1月14日まで東京オペラシティアートギャラリーで北欧モダン展が開催されているということで、1月6日土曜日に見てきました。 東京オペラアートギャラリーには初めて入ったのですが、入場券売り場での対応がとっても丁寧でした。「いいよ、わかったから!もう行かせてよ!」と思うほどの丁寧振りです。 どれだけ丁寧な応対なのか、機会があったら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 08:30
Aピピロッティ・リスト:カラカラ Pipilotti Rist:Karakara
http://take-it-ez.at.webry.info/200801/article_22.html 主催/会場:原美術館 後援:スイス大使館 協賛:ドイツ銀行 助成:スイス プロ ヘルヴェテイァ文化財団 協力:スイス インターナショナル エアラインズ 特別協力:一色事務所 Place:Hara Museum of Contemporary Art Organized by:Hara Museum of Contemporary Art Under the auspic... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/23 19:24
ピピロッティ・リスト:カラカラ Pipilotti Rist:Karakara
東京都品川区北品川4-7-25に原美術館があります。 2007年11月17日〜2008年2月11日でピピロッティ・リストのカラカラ、Pipilotti Rist:Karakara展覧会を開催しています。1月20日の日曜日に見てきました。 日曜日ということで、混雑具合が心配だったのですが、私が入館したのは13時です。 まだ、そのときは、下記の3作品とも空いていました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/22 13:03
チャンス・オペレーション?いうなればアクシデンタル・オペレーション!?
テーブルに置いた香水のビンに日光が当たって、その光が拡散しました。 まったくの偶然ですが、その偶然が面白かったので撮影しました。 何が起こるかわからない、偶然性に依存したり、どんな結末を迎えるのか予測がつかない、チャンスペレーションがあります。 でも、これは意図をした、期待をしたチャンス・オペレーションではなく、まったくの偶然です。たまたまおいたテーブルの上におかれた香水と南向きの窓から季節によって光の入り方がことなるという偶然と、それを目にした偶然・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 01:44
ピカソ展-Picasso- 彫刻の森美術館所蔵 新潟伊勢丹7F
彫刻の森美術館所蔵 ピカソ展-Picasso- 新潟伊勢丹2008年1月2日(水)〜1月15日(火) いい展覧会だと思います。所蔵は箱根彫刻の森美術館のものがほとんど・・・そして絵画などの数点はポーラ美術館などの所蔵でした。 ピカソのつくった顔が描かれた絵皿が沢山、そして水差しも数点、ほかにも陶器など。 顔の描かれた沢山の絵皿を見ていると・・・「これ、俺にもできるよ」とつぶやきたくなってしまいました。しかし、そんな「俺にもできるよ」と思えるような作品であろうとも、数多くつくりあげることが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/03 10:55
美術館への訪問頻度 森ビル調査 東京は最も少なく NYなどと比較
昨日2007年12月20日の日本経済新聞朝刊の記事から 美術館への訪問頻度 森ビル調査 東京は最も少なく NYなどと比較 森ビルが19日発表した「国際都市アート意識調査」によると、東京の在住者が美術館を訪問する頻度はニューヨーク、ロンドンなど海外主要都市の中で、最も少ない。 美術館に行く年間平均回数は 東京は1.9回、 ロンドンは3,9回、 パリは3,1回、 上海は3,1回、 ニューヨークは2,6回とともに東京を上回る。 美術館に求めるものを複数回答できいたところ、 東京で一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/21 08:48
フェルメール展 国立新美術館
前回、大阪でフェルメールが展示されたときは大変な込み具合だったという、フェルメール展も今日が最終日になります。ということで、昨日見てきました。 ヨハネス・フェルメールの作品は1658-1659年頃の油彩・カンヴァス45.5×41cm「牛乳を注ぐ女」の一点のみでした。一点だけで、寂しかったです。またしても期待はずれな展覧会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/17 08:49
光彩時空'07 国立西洋美術館 石井幹子総合プロデュース
テーマは秋です。寒さも増してきました。 東京の街中ではまだ、コートを着ている人は少ないです。私は朝夕の気温はコートが必要になるくらいの気温だと思っていますが、まだ世間様は大丈夫なようです。 季節の変わり目のファッションは難しいですよね。先ほども伝えたように、薄いコートでもOKだと思うのですが、世間がまだコートは少ない・・・ということで、コートに変わるなにかを求めて歩いてみたのですが、ちょうど私の探すものはなかったです。やっぱりファッションは先取りをするものということで、店に展示してあるのは、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 12:08
石井幹子総合プロデュース国立西洋美術館「光彩時空'07」スケジュール
昨日の11月2日の光彩時空'07の様子はこちら⇒クリック 2007年10月30日(火)〜11月4日(日) ★スペシャルライトアップ 17:00〜20:30 印象は絵画をテーマとしたライトアップパフォーマンス。国立西洋美術館所蔵の絵画が建物壁面に映し出され光と共に建物を華麗に照らし出します。 第1回 17:40〜 「サン=トロペの港」 ポール・シニャック 第2回 18:10〜 「陽を浴びるポプラ並木」 クロード・モネ 第3回 18:40〜 「睡蓮」 クロード・モネ 第4回 19:10... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/03 10:30
光彩時空'07 国立西洋美術館 総合プロデュース&照明デザイン石井幹子
Light &Color in Time & Space by Motoko Ishii 国立西洋美術館前庭 2007年10月30日〜11月4日 スペシャルライトアップ 17:00〜20:30 無料 管楽アンサンブルライブ 17:30〜19:40 無料 総合プロデュース&照明デザイン:石井幹子 照明デザイン実施:石井幹子デザイン事務所 演奏:東京藝術大学、守山光三、音楽学部管楽器専攻生 スペシャルライトアップ&管楽アンサンブルライブスケジュール ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 22:42
spinning top 33(spinning top = おもちゃのコマ) /A3プロジェクト
おもちゃのコマの原理でチャンスオペレーションを利用した表現です。ただできあがった作品だけを見ても、この表現を理解することが難しいのですが、制作過程、進行状況などといった時間軸・タイムベースを再現することによって表現が可能となります。 また、タイムベースを再現できる映像機器の機能を使って、出来上がった作品から逆再生をしていく「リバースバージョン」も作成したneoビデオアート! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/30 09:44
Pen (ペン) 2007年 11/1号 現代アート入門!
下記のアーティストの記事がのっています。 ジャクソン・ポロック jackson pollock アンディ・ウォーホル andy warhol 実験工房&EAT jikken kobo & Experiments in art & technology ハイレッドセンター High red center 横尾忠則  tadanori yokoo ランドアート land art ヨゼフ・ボイス joseph beuys 新表現主義 neo-expressionism YBA YOU... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 11:28
建築家の黒川紀章先生が2007年10月12日午前8時42分、心不全
建築家の黒川紀章先生が2007年10月12日午前8時42分、心不全で亡くなりました。 つい、昨日、国立新美術館に行って写真を撮影していたので、ちょっと感慨深いです。 ちなみに国立新美術館は黒川紀章先生の設計によるものです。国立新美術館には図書館があって、美術資料・アート資料もたくさんあります。ついつい昨日、黒川紀章先生の資料をこの図書館で見ていたのも、感慨深いですね。 ご冥福をお祈りします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/12 22:08
作家スズキコージによるライブペインティング開催中!
スズキコージズキン 大魔法画集 出版記念展 プランタン銀座:本館1F正面口にて 9日、11日、13日〜15日 各日12時〜17時開催 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 17:16
MUTTONI THEATER ムットーニ シアター 松屋銀座8階大催場 9/12-9/24
昨日の9月11日の「徹子の部屋」に出演をしていましたMUTTONIムットー:本名 武藤政彦さん。本日9月12日〜9月24日まで松や銀座8階大催場で午前10時から午後8時。最終日は17時閉館・入場は閉館の30分前まで。主催はテレビ朝日。 入場料 一般1000円 高大生700円 http://www.muttoni.net/theater/ 本日初日ということで正午にいきました。会場内にいた武藤さんに質問することができました。 私が話しかけると気持ちよく対応してくれて、握手をしてくれました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/12 17:57
第4回 私の針仕事展 西武ギャラリー・西武池袋本店イルムス館2階 9月13日〜18日
和を愛でる心 54人の作家による和のキルト&240点のバッグ・フェスティバル 第4回 私の針仕事展 2007年9月13日木〜18日火 西武池袋本店イルムス館2回 西武ギャラリー 会場時間:午前10時〜午後9時 入場料:大人700円 大・高生500円 中学生以下無料 ※日曜・祝休日は午後8時まで。最終9月18日は午後6時閉館。ご入場は会場の30分前まで。 主催:株日本ヴォーグ社、読売新聞社 後援:財団法人日本手芸普及協会 企画・監修:切るとジャパン、クリエーターズ・ギルド ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 20:31
「ロバート・サブダしかけ絵本の世界展」新潟三越7階催物会場 9月4日〜9月17日
新潟三越で行われた太田隆司ペーパーアートの世界展を見たときに、2007年9月4日〜9月17日まで新潟三越7階催物会場で行われる「ロバート・サブダしかけ絵本の世界展」の招待券をもらいました。 これは、夏休みの集中講義で聞いた、博物館経営情報論でやっていた、デパート美術館みたいなもので、この上階で集めた見込み客を「シャワー効果」を狙って、デパート内で買い物をしてもらおうという策略に基づくものです。 ちなみに、この「ロバート・サブダしかけ絵本の世界展」は池袋の西武百貨店イルムス館で見ました。このと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 21:47
太田隆司ペーパーアートの世界展 新潟三越7階催物会場
2007年8月14日〜8月19日まで新潟三越7階催物会場「太田隆司ペーパーアートの世界展」を開催しています。 入場料:一般500円(税込・大学生以下無料) 午前10時〜午後7時(金・土曜は午後7:30まで) ということで昨日の8月15日に見に行ってきました。 太田隆司さんが使用していると思われるデスクも展示してあります。そこに切れが悪くなってダメになったカッターの刃を入れている缶がありました。約10cm×約5cm×高さ約5cmくらいの缶の中に、半分くらいダメになったカッターの刃が入れてあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 14:14
NHK“新しい”住まいへの挑戦 安藤忠雄さんのコメント
"家は住むための機械"ル・コルビジェの言葉です。 「」は安藤さんのコメントを要約したものです。安藤忠雄さんはル・コルビュジェに感化されて、ぜひ建築を見たい、そして会いたいと思っていたのですが、安藤さんがフランスに渡る1ヶ月前にコルビジェが亡くなったそうです。だからこそ、なおさら、コルビュジェに対するコメントに安藤さんの魂が感じられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/06 12:36
古代オリエント博物館 サンシャインシティ文化会館7階
早稲田大学會津八一記念博物館に行こうと思って、都電荒川線に乗ったのですが・・・大まかに王子→池袋→早稲田というルートでして、山手線的に考えると池袋→目白→高田馬場でイメージをしていて、あと、都電で進んでいるとすごくゆっくりに感じるんです。路面電車ですから、信号を守らなければならなかったり・・・そしたら東池袋、サンシャインの近くの停留所?駅?で降りてしまいました。 早稲田大学會津八一記念博物館の予定だったのですが、サンシャインシティ文化会館7階にある「」でもいいかなって考えました。 4階が「池... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/05 22:03
芹ヶ谷公園のオブジェ
!?これ、上野の東京都美術館で見たことある!!「スカイ・ホールだったかな・・・」なんて疑いながら、タイトルないかなって近づいていったら、ありました! "my sky hole 88-4" 1988 井上武吉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 22:44
町田市立国際版画美術館館内
入り口入って左手に公募展示スペースで、二階が常設展と企画展です。 二階の展示スペースに比べて、1階エントランス部分が豪華すぎます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 22:36
芹ヶ谷公園内の町田市立国際版画美術館
芹ヶ谷公園=セリガヤコウエンと読みます。 この膨大な自然の存在する公園のなかに、目的地の町田市立国際版画美術館は存在します。 背の高い緑に囲まれて、公園内は日陰が多いです。それに水が流れていて、見ているだけで涼しさを感じることができます。しかし、炎天下を町田駅から20分ほど歩き続けてきた私にとっては、目でとる涼しさと、ジワジワ感じることのできる日陰と風の心地よさよりも、近代技術の進歩で急速に身体を冷やしたかったので、美術館内の喫茶店、「喫茶けやき」に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 11:55
町田駅から町田市立版画美術館への道
町田駅東口方面に出て、まずは東急ハンズへ向かいました。そこから左へずっとまっすぐ進みます。20分くらいは歩いたと思います。炎天下の中、がんばりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 11:41
五線譜に果物A
http://take-it-ez.at.webry.info/200708/article_1.html 上記URLで紹介をした「五線譜に果物」ですが、応用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 08:42
7月30日に見た夢 五線譜と果物
7月30日に見た夢、表現できるものだったので、昨晩試みました。 夢の設定は、すごい富と名声を得ているアーティストの家に遊びにいったとき。このようなものが壁に飾ってありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 20:55
a intersection Minimum Art ミニマルアアート・ミニマムアート
ミニマルアートの実践です。ミニマル(ミニマム)で表現できるもの・・・誰もがみてわかるもの。必要最低限の要素でそれをわかるもの。必要最低限の手間でそれとわかるもの。 人生、無駄なものが多すぎる。ムダを省く。ムダを削る。 ちょっと試してみようと、5分以内で試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/30 22:55
パルマ展 国立西洋美術館 フィールドワークで年配の方たちと
今日、行ってきました。二回目です。一回目は10分か20分くらいで見終わってしまったのですが、今回はフィールドワークということで、先生に同行をしていましたので、90分いました。 しかし、そのフィールドワークでは180分をかけて、館内を見回るということだったので、私は半分で退出をしていまいました。 学校で行われる講義とちがって、マイクを使ったり、大きな声で説明をするというわけにもいかず、周囲の迷惑にならないように、先生もなるべく声を抑えて話をするために、なかなか聞きづらかったです。仕方ないですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/21 19:45
2007年7月19日現在の気になる展覧会
ちょっと気になる展覧会です。何か観に行こうかと個人的にリストアップをしていたのですが、せっかくなので、ブログで紹介です。 ■〜7月22日 Bunkamura ザ・ミュージック プラハ国立美術館展 http://www.bunkamura.co.jp/shokai/museum/lineup/07_rubens/index.html 一般 1300円 大学・高校生 900円 中学・小学生600円 ■〜7月29日 21_21 Design Sight 深澤直人ディレクション http:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 18:31
エド・ルーシェのエフェメラ Ed Rucha's Fugitive Productions
東京ミッドタウン「ガレリア3F」のFuji Xerox Print Colleciton Fuji Xerox Art Spaceにて 「作品群をつくるアーティストたち:エド・ルーシェのエフェメラ Artists Who Make Pieces:Ed Rucha's Fugitive Productions」11:00〜21:00 2007年5月26日〜2007年7月8日(日)入場無料でエド・ルーシェンの作品を12点展示しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 11:15
Pen No.201 アンリ・カルティエ=ブレッソン 日常をアートに変えた写真家
pen No.201 日常をアートに変えた写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン コンビニで表紙を見て、買いたい・・・なんて思っていたのですが、不思議なことってあるものですね・・・電車に乗っていて私は座っていたのですが、隣に座った男性がこの雑誌pen No.201を読んでいたのです。私がそれに気づいたのは、匂いでした。「あれ・・・この匂いって、penじゃない?」と隣の人が雑誌をめくっているときに、インクの匂いが私の鼻に届きました。って、雑誌を覗き込んでみると、モノトーンの写真が大きく掲載されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/27 23:07
相互割引 Skin+Bones 水と生きる ル・コルビジェ展 スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
相互割引情報です♪ 「Skin+Bones スキン+ボーンズ ―1980年代以降の建築とファッション」 会場:国立新美術館http://www.nact.jp/ 「水と生きる」  Water in Life 会場:サントリー美術館http://www.suntory.co.jp/sma/ 「ル・コルビジェ展 建築とアート、その創造の軌跡」 会場:森美術館http://www.mori.art.museum/jp/index.html 「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」http:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/27 20:08
鉛筆に仏様<初作>
鉛筆に仏様昨日3.5時間かけて彫ってみました。本日、少しずつ、手直しを入れてみたのですが、ちょっとこれ以上は難しいと判断しました。初作にこだわるよりも、次作に情熱を傾けて見たいと思います。 今回の教訓としまして、鼻と手と足以外は結構削っても大丈夫ということです。もっと大胆に削ってみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 14:54
国立新美術館へ 乃木坂駅6番口
国立新美術館SLIN+BONESへ行ったとき、乃木坂から行きました。乃木坂の6番口からいけば、国立新美術館にほぼ直結です。 乃木坂のホームを降りたら赤坂方面に進んでください。そうすると6番口に近づきます。6番口に一番近い改札を出たら右へ進んでください。その改札を出て右へ行くと、あとは基本として出入り口は6番口のみです。道順にそって進んでいくと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 00:34
にっぽん心の仏像
SKIN+BONES国立新美術館を見てきたのですが、国立新美術館にある宣伝でこのチラシを目にしました。 おー、これ面白い・・・ということでチラシを持ち帰りました。 NHKのBShiとBS2で放送の「にっぽん心の仏像」のチラシです。 それよりも私が心ひかれたのは、この写真です。 そして、知人に「どうこれ、面白くない?」と聞くと、 「合成ですよ。CGですよ。」 私は「そうかな〜」とそのときは応えました。 そして、いや、コレは、合成じゃないだろう・・・って、本物でしょ。 それに、なぜか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 00:18
国立新美術館 SKIN+BONES 1980年代以降の建築とファッション
昨日、国立新美術館に行ってきました。 2007年6月6日〜8月13日までのSKIN+BONES 1980年代以降の建築とファッションです。 正直に言うと、私が副題の「ファッション」というところを「デザイン」と勘違いしていまして・・・まったくもって勘違いです。 中に入って驚きました。服ばっかりだな・・・次のブースにいってもファッションばかり、冷静になって、チケットを見てみると、確かに「SKIN+BONES 1980年代以降の建築とファッション」となっています。なんということを・・・副題は「建... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/22 23:58
祈りの中世 ロマネスク美術写真展 国立西洋美術館新館2階 版画素描展示室
祈りの中世 ロマネスク美術写真展 国立西洋美術館新館2階 版画素描展示室 2007年6月12日〜8月26日 Medieval Devotion:Photograhs of Romanesque Art こちらは常設展の中の一角での展示になっています。 ついつい見逃してしまうような場所にあるので、気をつけてください。 展示は写真だけでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/19 10:45
原美術館
http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_55.htmlヘンリー・ダーガー を見に、品川の原美術館へ行っていました。原美術館は 「渡辺仁の設計で昭和13年(1938)竣工したもの。渡辺は上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、当時の代表的な建築家である。」 ということなので、今回は建物も見てまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 12:54
原美術館 Henry Darger ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語 夢の楽園
Henry Darger:A Story Of Girls At War-Of Paradised Dreamed ヘンリー ダーガー 少女たちの戦いの物語 夢の楽園 2007年4月14日〜7月16日 主催:原美術館、Hara Museum Fund 協力:The Nathan and Kiyoko Lerner Foundation 助成:芸術文化振興基金、国際交流基金 http://take-it-ez.at.webry.info/200703/article_37.htmlアン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/16 12:40
LC2 と LC4 と サイドテーブル アイリーン・グレイ
現在は六本木ヒルズの森美術館にてル・コルビジェ展http://take-it-ez.at.webry.info/200705/article_79.htmlが行われているのですが、その影響なのか、それとも、国立西洋美術館の本館の設計者のル・コルビジェにちなんで、常に国立西洋美術館内ではコルビジェに関する資料をそろえているのでしょうか?それとも常に展示していたのでしょうか? LC2とLC4が国立西洋美術館内にはあります。このLC4の生地は皮ではなく、麻だと思われます。おそらく汚れるということから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 00:23
地獄の門 オーギュスト・ロダン 国立西洋美術館前の広場の彫刻 
http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_43.html パルマ展  http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_44.html ル・コルビジェ設計本館 http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_45.html 国立西洋美術館本館常設展示品 を見て、帰り際、やはり気になってしまいます。 オーギュスト・ロダンの作品が! やっぱり圧巻は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 23:44
国立西洋美術館本館 常設展示
http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_43.html パルマ展 http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_44.html ル・コルビジェ設計の本館常設展 常設展の作品の中からいくつか紹介をしたいと思います。 建物の設計自体は工夫を感じることができるのですが、正直展示品や展示方法からの工夫というのは感じられません。ただ、絵がジャンル別に並んでいるだけ・・・私はあきました。面白くないので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 23:22
ル・コルビジェ設計 国立西洋美術館本館 常設展示場
http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_43.htmlパルマ展 の出口はル・コルビジェ設計による国立西洋美術館本館の常設展示の入り口付近です。 国立西洋美術館の常設展を見たのは初めてだったのですが、おどろきました。ル・コルビジェの設計ということで、展示作品ではなく、建物を撮影しても言いかと訪ねてみると、フラッシュの使用がなければ、作品も撮影可能ということでした。 松方コレクションのオーギュスト・ロダンの彫刻たちと、ル・コルビジェによる設... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 22:49
パルマ展 音声ガイド:錦織健 イタリア美術、もう一つの都 国立西洋美術館
昨日、行ってきました。 上野国立西洋美術館の正面入り口から入って、右手に折れます。すると下の繋がる階段を下りて行きます。 音声ガイドは、テノール歌手の錦織健さんで、約30分に及びます。 音声ガイドを聞いていると、 @ガイド番号18を聞いた後に、「ここで私錦織健が語る・・・」というようなナレーターの錦織健さんの「パルマでの思い出」というものが33にて聞くことができますというのがあります。しかし、ここの18の後では聞かないで、そのまま、19、20、21と順路に沿って聞いてください。ガイド番号... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 22:08
イリュージョンの歴史を見る・読む 映像資料「希望の都パルマ物語」
パルマ―イタリア美術、もう一つの都 Grazia e affetti, natura e artificio. Protagonisti dell'arte da Correggio a Lanfranco. 2007年5月29日(火)〜8月26日(日) ル・コルビジェ(ル・コルビュジェ)による基本設計の国立西洋博物館で開催されています。 以前からこの講義の先生は、この「パルマ展」に注目をして、いい展覧会になるとおっしゃってました。 学校の図書館に「パルマ展」に関連する映像資料のD... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 09:01
6月4日上野のアート・パフォーマンス
オーストラリアのシドニーではこの手のアーティストのパフォーマンスを一般道路で目にすることがよくありました。 確かオーストラリアのアデレードの美術館の中の現代アートとしてこの手のパフォーマンスを展示していたのを思い出しました。このときは衝撃でしたよ。美術館内の展示を見ていて、そのアートを目にしました。遠めからでも「いやー、人間そっくりだよ!よくできてるな〜!」と感心してまっすぐに近づいていると、近づけば近づくほど、生人間そっくりだな・・・肌ツヤなんかも生人間だよ・・・なんか揺れ方とかも、人間そっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 07:19
パルマ展 国立西洋美術館 イタリア美術、もうひとつの都 PARMA 2007年5月29日〜8月26日
現在、ル・コルビジェ展が六本木ヒルズの森美術館にて開催されているル・コルビジェがグランドデザインをした国立西洋美術館では「パルマ イタリア美術、もうひとつの都」を展示しています。2007年5月29日〜8月26日。 私、火曜日と水曜日に学校に通っているのですが、火曜日の「イリュージョンの歴史を見る・読む」の先生のイチオシが「若桑みどりさんの公演」ということでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 00:17
北川純「ジッパー」このジッパーをひっぱらないで下さい。
ル・コルビジェ展を見た後の六本木ヒルズ展望台 東京シティビューから国立新美術館を目にして、近くにあるなら、行ってみようと・・・歩きましたが、結構な距離がありました。 六本木ヒルズから国立新美術館の間のトンネルの壁にもアートが存在します。 北川純「ジッパー」このジッパーをひっぱらないで下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 19:49
安彦良和原画展 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 川崎市民ミュージアム
安彦良和原画展  The Exhibition of YASUHIKO Yoshikazu’s World 「勇者ライディーン」から「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」へ 初期から現在執筆中の原画約320点以上に加え、アイデアスケッチ・設定画・漫画原稿とラフ(下絵)に加え、映像展示やキャラクターフィギアも。これまで展示されることのなかった最新作原画も川崎市市民ミュージアムで公開されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/28 19:23
Le Coubusier avec IDEE で「ル・コルビュジェ展」オリジナル・ポストカード
記載の限定メニューをご注文いただいたお客様に、店頭でもれなく「ル・コルビュジェ展」オリジナル・ポストカードを差し上げます。 Le Coubusier avec IDEE Collaboration with Mori Art Museum と称して、六本木ヒルズ内のレストラン「Rojak」「IDEE CAFFE」では、森美術館で開催される「ル・コルビュジェ展:建築とアート、その創造の軌跡」を記念し、食や空間を通してさらにル・コルビュジェの世界観を味わっていただける「Le Coubusier... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 19:07
ル・コルビジェ展:建築とアート、その創造の軌跡 音声ガイド無料 Le Corbusier 森美術館
初日の10時過ぎに行ってきました。土曜日の10時、混んでなかった。 私はル・コルビジェ本人が出演しているビデオをチェックしていたために、1:30かかりました。 コルビジェ本人のコメントのあるビデオは7箇所で上映されています。※7箇所です! 時間の感覚を忘れて、つい夢中になってしましました。あの空間で2時間以上過ごす人も少なくないでしょう。 普段はしないのですが、最後に順路をさかのぼって、入り口から雰囲気を感じにいきました。正午に近くなったせいもあるのでしょう、入り口付近は私が入ったときよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/26 19:02
ル・コルビジェ展 森美術館 「モネ展」との相互割引情報
寝る前に、どうしても気になって、確認をしました。森美術館で行われる ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡 2007年5月26日(土)〜9月24日(月・祝) 主催: 森美術館、ル・コルビュジエ財団、NHK、読売新聞東京本社 これがいつからなのかを確認したくって・・・あまり日にちがないので、今のうちに予習をしようと、まずはこのサイトを見ていました。 http://www.mori.art.museum/contents/lc/info/index.html すると、まだ国立新... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 00:44
オブジェ 川崎市民ミュージアム逍遥展示空間
1F中央の逍遥展示空間のいくつか展示をされているオブジェ紹介です。 福田繁雄 2001・2002.2003・・・ テーマ(時間) 渡辺豊重 日・月・鳥・花・人 テーマ(平和) 手塚治虫 笑い テーマ(文化) 山口勝弘 ビデオ彫刻川崎  デイビット・マック ア・ナイス・ロケーション テーマ(地域) ジョン・デイビス 乾季 テーマ(自然) 菊竹清文 情報彫刻 カノン テーマ(自然) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/19 17:06
昭和ブギウギ★1945-64 川崎市民ミュージアム 力道山スポーツタオル
川崎市民ミュージアムの1階のミュージアムショップではこの「昭和ブギウギ」にちなんだ商品が並んでいました。中でも私が、心を引かれたのは、力道山のタオルです。黒と白の組み合わせのリバーシブル?(表と裏)で、力道山の仁王立ちのシルエットが形つくられているステキなデザインです、サインまでシルエットになってます。 この展示、時間の都合で私は見ていないのですが、せっかくですから紹介を・・・それよりなにより、力道山のタオル、買っておけばよかったかな〜と今さらながら悩んでおります。展示よりも、力道山のタオルが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 20:02
無料 韓国現代マンガ展 近世の村を訪ねて小杉村 川崎市民ミュージアム
韓国現代マンガ展 4月28日(土)14:00〜韓国伝統音楽ほか、交流イベントを実施したようです。 そのときの写真なども飾ってありました。韓国からマンガ家6人が来日 キム・ドンファ、イ・ヒジェ、イ・ビン、パク・ソヒ、クォン・カヤ、シン・ミョンファン 2007年4月21日(土)〜6月3日(日) 主催 川崎市、富川市、川崎市教育委員会 後援 駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国文化コンテンツ振興院、 日本マンガ学会 企画 川崎市市民ミュージアム、韓国・富川市漫画情報センター 協力 株式会... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/14 22:34
川崎市民ミュージアムの現在2007年5月14日の展覧会 
企画展示室1  ■「昭和ブギウギ 1945-64」展 4月21日(土)〜6月3日(日)  敗戦から東京オリンピック開催までの20年間は、日本が大きく経済成長する原動力となった時期であると同時に、抑圧された社会から開放されたことで映画やマンガ、スポーツ、芸能といった新時代の大衆文化が花開いた時代でした。この20年にスポットを当て、当時の風俗や文化、人びとの暮らしを紹介します。  会場:企画展示室1   観覧料:一般 700円、学生・65歳以上 400円、 小・中学生は無料 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/14 22:03
メローデの祭壇画 ロベルト・カンピン(フレマールの画家)
5月8日の「イリュージョンの歴史を見る・読む」の中でのメローデの祭壇画 ロベルト・カンピン(フレマールの画家)1425-1428年の説明 左の絵 奥の扉の向こうに、遠近法を用いた街並みが広がっている。 右奥にある赤いバラはマリアの慈愛を象徴 足元にはスミレやヒナ菊、聖処女との関連をもつ花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 18:57
光の三原色の捕色の相関性
光の三原色「赤・青・黄」この3色を頂点にそれぞれ隣の色を混ぜていく。 赤+青=紫⇒黄と補色 赤+黄=オレンジ⇒青と補色 黄+青=緑⇒赤と補色 理論は知っていたのですが、それを実践するのにはそれぞれの原色を頂点にした三角形からの実験を試みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 15:00
川崎市民ミュージアム正面
館内のOff Stripesを見る前にまずは、外観の撮影です。でも何よりやっぱり、トーマス転炉が強烈です。 見晴らしはいいです。特に川崎市民ミュージアムが高台に存在しているわけではないのに、遠くまで見晴らせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 13:49
川崎市民ミュージアム 交通手段 最寄り駅
Off Stripesをみるのに、川崎市民ミュージアムへ♪ 川崎市民ミュージアムの最寄り駅は「武蔵小杉駅」JR南武線、東急東横線・目黒線のようです。それでもバスで約10分。200円でした。 川崎市民ミュージアムまでのバスは上記の「武蔵小杉駅」と「JR川崎駅」から運行してます。 それを知っていたら、川崎駅からのバスに乗ろうと思ったのですが、40分もかかるそうです。 「溝の口駅」JR南武線、東急田園都市線からはバスで20分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/12 21:31
OFF STRIPES オフ・ストライプス 縞模様の繊細なる瞬き 川崎市民ミュージアムアートギャラリ
縞に現れる周期のわずかな「ずれ」や境界の「曖昧さ」。そんなくらい返されてきた「何か」がほんのわずかに崩れた瞬間に、私たちの心は動き、目を奪われるのかもしれません。 ・・・と、こんな説明のある「OFF STRIPES オフ・ストライプス 縞模様の繊細なる瞬き」を見に、昨日の金曜日、目黒付近でミーティングがあったので、時間をとって、川崎市民ミュージアムまで行ってきました。 目的は、ヨーゼフ・アルバース Josef Albers(ドイツ)の「正方形賛歌(正方形オマージュ)」シリーズを見ることです。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/12 14:19
レオナルド・ダ・ヴィンチ 略年譜
レオナルド・ダ・ヴィンチ「天才の偶像」平成館展示品の中にありますす。PC内にまとめておいたのですが、せっかくだからアップしておきます。 略年譜と、実際に展示されている、手稿の説明もあります。この手稿、レプリカです。本物じゃないですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/11 00:32
ヤン・ファン・エイク 「アルノルフィニ夫妻の肖像」 1434年
4月24日の「イリュージョンの歴史を読む・見る」 5月1日の「イリュージョンの歴史を読む・見る」 の二回にわたって、ヤン・ファン・アエク 「アルノルフィニ夫妻の肖像」 1434年の説明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 22:25
安田侃 天空 カッラーラ産白大理石 2006年
このフォルムはもしや・・・丸の内には安田侃さんの作品があったはずだ。 そういえば、東京ミッドタウンにもあったはず・・・ この作品は安田侃さんの「天空」カッラーラ産白大理石 2006年 この写真もそうだし、その下の写真もそうだし、東京ミッドタウンでの写真もそうなのですが、 子供が反応するんですよね。つまり、反応しないということは歳老いたという証なのかも・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 22:02
パンつキン
今週火曜日から本格的に取り組んだのですが、 アイデアが浮かんだのは金曜日具現化に取り組んだのは金曜日です。 夕方に原点のアイデアが浮かんで、夜に少し、アイデアを具現化したのですが、 そこから試行錯誤を重ねてこうなりました。 気分転換をかねてスーパーに行った帰りに思いついたのが「かぼちゃ」 別にそのとき、かぼちゃを見た記憶はないのですが、「パンプキン」から一文字もじって 最初は「パンプマン」を考えて、かぼちゃの頭にパンプアップしたムキムキの体というのと 「パンプ」という言葉から「パン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 15:40
法隆寺宝物館・法隆寺献納宝物 谷口吉生設計 国立博物館
谷口吉生による設計で平成11年1999年に開館の法隆寺宝物館・法隆寺献納宝物 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/27 17:49
国立博物館 平成館 特別展・日本の考古
前に平成館 2006年10月3日(火)〜12月3日(日) 特別展「仏像 一木にこめられた祈り」 で見た以来。ここは常設なのか、展示品はあのときと一緒だと思う。 まだ仏像拝む年齢じゃないんだけどね。 フラッシュたかなければ撮影OKっていうからさ、撮影してきちゃった。 写真の品物は4世紀〜7世紀までのものです。 今日は行かなかったけど、国立博物館の東洋館をみると中国では紀元前から鉄を もちいているのに、こっちでは土粘土で土偶とか埴輪とか・・・すごいよね、中国は! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 17:42
レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像 特別展示室 国立博物館 第2会場 平成館 
平成館での特別展示を鑑賞してから、本館の「受胎告知」を鑑賞したほうがいいと思います。 理由はこちらの展示に、受胎告知の説明があるからです。 ちなみにチケットさえもっていれば、何度でも本館と平成館を行き来できるそうですよ。 入場時に、チケットの裏面にスタンプで印をつけてました。 平成館のダ・ヴィンチ特別展示での、展示品はレプリカばかりです。気楽に楽しみましょう。 ビデオによる視聴覚的な資料が多数あります。 この展示を見ると、何で「受胎告知」は絵画なのに美術館じゃなくて、 なんで博物館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 17:11
レオナルド・ダ・ヴィンチ 受胎告知 国立博物館第1会場 本館 特別5室 天才の実像 鑑賞方法
初日、休館日の月曜日、とありましたが、やっと本日見てきました。 正面の入り口から直進したところにあるのが国立博物館の本館です。 この本館に我々の目指すレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」が待っていてくれてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/27 16:38
異邦人たちのパリ 1900-2005 エトランジェたちのパリ
「モネ大回顧展」音声ガイドのナビゲーター小泉今日子さんの送り出しで1階から2階へ。 次は、国立新美術館2Fの「異邦人たちのパリ」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/26 22:15
MONET モネ大回顧展 国立新美術館 小泉今日子ナビゲーター
モネ大回顧展国立新美術館、本日いってきました。「印象派の巨匠、その遺産」 モネの絵よりも、ナビゲーター小泉今日子さんによる音声ガイドがどんなものなのかという興味のほうが大きかったのですが・・・モネの絵にはびっくりさせられました。 「ルエルの眺め」1858年 油彩/カンヴァス 46×65cm 「ヴェルノンの教会の眺め」1883年 油彩/カンヴァス 64.8×80cm 「セーヌ川の朝、霧」1897年 油彩/カンヴァス 65×92cm これ、写真じゃないの!?そんな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/26 21:19
アートの理論と歴史B
先週のジョン・ケージ「4'33''」の話の延長で、ジョン・ケージ/ロバート・アシュリーのDVDを一部分見ました。 ミクロからマクロへと視点を、視野を広げていくという流れでした。 チャンス・オペレーション。エクスペリエンタル・ミュージック。ミニマル・ミュージック。 と解釈を、ジャンルを拡大させていくこういう教え方って、いいと思いますよ。 荒削りでも、1つのことに興味を持たせて、その周辺や成り立ちなどを教えていくという手法。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/26 17:20
視聴覚教育A
視聴覚というのを専門用語ではTime Based(時間軸上の)というらしいです。 動くということには、時間の経過が必要となります。ビデオとか。 1枚の絵画とか1枚の写真とか、そういうものだと、時間の経過は関係ないですよね。 動きのあるもの、音楽や舞台芸術など、これらにはその場所と時間という要素が必要。 それを別の場所でも見れるように、または、違う時間に見れるようになったということで、 Time Based(時間軸上の)、視聴覚というものに発展したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 22:03
イリュージョンの歴史を読む・見る1
やっぱり・・・アートを教えている先生は違いますね。 「いつも言っていることですが、自分がドラえもんになって、どこでもドアで つれていければいいんですけれど・・・」 「どこでもドアがあればいいんですけれども・・・」 「ドラえもんになって、そこへ行ければ・・・」 90分のうち、3回ドラえもん関連の単語がでてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 21:54
モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 Bunkamuraザ・ミュージアム
展示作品のほとんどが、デッサンでした。ちなみに、デッサンでは、アメディオ・モディリアーニよりも、その妻のジャンヌ・エピュテルヌのほうが、私は興味を持ちました。 その理由は、ジャンヌのデッサンは、遠近感がきちんと表現され、全体の描かれている。 それに対して、モディリアーニのデッサンはその対象のみ。全体を描いているジャンヌとは対称的でした。 モディリアーニの作品には目を描かないものが多いというのは聞いていたのですが、 今回の展示の油彩では半分までいかないまでも三分の一くらいは目が描かれていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/22 18:32
モディリアーニ 真実の愛 Modigliani アンディ・ガルシアでBunkamuraの予習
今渋谷のBunkamuraで「モディリアーニと妻ジャンヌの物語」展をやっています。 まだ見に行ってないのですが、予習を兼ねて、アンディ・ガルシア主演の「モディリアーニ」 を見たのですが、まあ、大筋は分かりました。この映画はどこまでが史実でどこからが ただのつくりものなのかの線引きが分からない。 間違いないのは、モディリアーニが亡くなってから2日後に妻のジャンヌは 飛び降りて、自ら命を絶ったということ。 映画では半分!?殺されてしまうモディリアーニですが、あの当時のフランスだから、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/18 00:31
イリュージョンの歴史を見る・読む1
これも「博物館学芸員」のための「選択専門科目」の1つです。 この講義では、私もとても興味のあるレオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」を題材にありました。 レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」といえば、国立博物館です。 つい昨日・・・国立博物館は月曜休館なのに、博物館の近くまで行った件があったくらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/17 23:40
Fuji Xerox Art Space Fuji Xerox Print Collection
リニューアル・オープン記念展 2007年3月30日〜2007年5月13日 4月17日午前中に確認した展示は、 Andy Warhol アンディ・ウォーホール「花」1970年 Brice Marden ブライス・マーデン「レックスヘロスへ捧げるエッチング」1986年 Richard Serra リチャード・セラ「ロブソン」1984年 Robert Rauschenberg ロバート・ラウシュンバーグ「Opal Gospel」1971〜1972年 Blinky Palermo 「4つの原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 22:30
入館無料FUJIFILM PHOTO MUSEUM 「FUJIFILM SQUARE」
FUJIFILM SQUARE Tokyo Midtownは東京ミッドタウンにあります。 11:00〜20:00 入館無料 1階には「PHOTO CAFE」とギャラリー「PHOTO IS」があります。 「PHOTO IS」にはたくさんのすばらしい写真が展示されています。 アラーキーこと荒木経惟さんの写真もありました。 2階は「富士フィルムフォトサロン」と「FUJIFILM PHOTO MUSEUM」があります。 こちらもたくさんのすばらしい写真、幻想的な写真がたくさんありました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 21:56
国立新美術館は火曜日休館・・・乃木坂駅の6番出口も一般には閉鎖!
昨日の国立博物館に続いて、本日もやってしまいました・・・ 国立新美術館へ行こうと乃木坂駅を降りて、6番出口へ進むと・・・休館日でした。 残念です・・・皆さんは気をつけてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 19:59
上野発の高崎線最後尾が貨物室化!!
上野公園の散歩で上野公園内にある東照宮を見た後で、上野駅へ向かいました。 そして上野駅構内を歩いていると、少し不思議な光景を目にしました。近づいてみると・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/16 20:34
東京国際フォーラムオブジェ「意心帰」安田侃 カッラーラ産白大理石 1991年
東京駅に降りたのは、モンブランの銀座の本店に行くため。 以前購入をした万年筆のケースを購入に行くためです。 モンブランの銀座本店へ行くのには東京駅よりも有楽町からの方が近いのですが、 東京駅からの道すがらも好きなので、今日は東京駅からです。ちなみに東京駅近辺もご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 21:17
小泉今日子「音声ガイド」の「モネ展」国立新美術館 注目!!
小泉今日子さんが展覧会の「音声ガイド」を担当でも 注目の国立新美術館での「モネ」展興味、ありありです。 私が注目をしていて現在、私が入手している前売り券は 国立新美術館「異邦人(エトランジェ)たちのパリ」 Bunkamura ザ・ミュージアム「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」 東京国立博物館「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」 です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 19:52
奇跡のタンポポ
この線路には電車走ってないのかな? この踏切には線路が何本かあるのと、電車の通過をこの目で確認していないので まだ答えはでていません。 線路内ですが、ついつい立ち止まって、撮影してしまいました。 これは昨日1007年4月6日撮影です。 また、日がたったら、見にいこうと考えているので、そのときはお知らせします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 13:58
チェコ絵本とアニメーションの世界 目黒区美術館 チャペック、トゥルンカ〜21世紀
フランツ・ボナパルタ、本名クラウス・ポッペは、ヨハン・リーベルトのモンスターの生みの親。 ヨハンとアンナ、子供たちを洗脳するために自作の絵本『なまえのないかいぶつ』 などを読み聞かせた。声は野沢那智さん。 ドイツの山奥で毎日ヨハンとアンナの絵を描いていた。 たしかこの、フランツ・ボナパルタはドイツ系チェコスロバキア人だったような・・・ これらは全て「MONSTER」(モンスター)ビッグコミックオリジナル 1994年〜2001年に掲載された浦沢直樹のミステリー漫画の中の話。 チェコス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/06 18:26
「21_21 Design Sight」とデザイナー「三宅一生」さん クローズアップ現代 NHK
2007年4月3日(火)19:30〜放送 NHK クローズアップ現代 “デザインの力”が世界を制す〜問われる日本の戦略〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/04 09:31
speed
急いてはことをし損じる。 焦りは禁物。 余裕をもって、うまくやろうという欲を抑えて、目の前のことをやりとげることにだけ集中をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/03 21:24
東京ミッドタウン内ショップ写真紹介
本当に大きなノレンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/02 13:38
ツリーシャワー 東京ミッドタウン ガレリア1F
このツリーシャワーは京都・清水寺の「音羽の滝」をコンセプトに作られたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/02 13:20
東京ミッドタウン オブジェ
オブジェというものが大切になってきました。 ここでは東京ミッドタウンのオブジェを紹介します。 安田侃「意心帰」 プラザB1F 安田侃「妙夢」 プラザ1F フロリアン・クラール「Fragment No.5-Caverna lunaris-」 ミッドタウン・ガーデン トニー・クラッグ「The Fanatics」 コートヤード ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/01 17:48
21_21 Design Sight 安藤忠雄建築研究所設計 裏側
安藤忠雄 1941年9月13日生 安藤忠雄建築研究所は1969年に大阪に設立 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 20:47
安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘 21_21 Design Sight @
安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘 21_21 Desighn Sight(東京ミッドタウン内) 2007年3月30日(金)〜4月18日(水)会期中無休 11:00〜21:00(入場は20:30まで) 入場料 一般:\1000 大学生:\800 中高生:\500 小学生以下無料 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/30 22:25
a pigeon
明日2007年3月30日は東京ミッドタウンのオープン日ですね。 東京ミッドタウンの中にある「サントリー美術館」に興味があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 15:30
さくら色
東京は、昨日の陽気で開き始めた桜が多かった。 そんな春の芽吹きに触発をされて、いい色ができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/27 14:03
Bright
現代美術製作所の展示を昨日見て感じたこと。 エキセントリックなアートでした。 現代美術というのは常にエキセントリックでなければモダンになってしまうのかも・・・。 「これはアートだ」と創作者が言い切ることがアートであると感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/26 22:31
東京都美術館 オブジェ
さ傘 1973年 建畠覚造 TATEHATA KAKUZO 第28回行動美術展 my sky hole 85-w 光と影 1985年 井上武吉 BUKICHI INOUE ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/26 18:32
現代美術製作所 日本香港国際交流プロジェクト "見知らぬ人々-陌生人(まっくさんいぇん)"
〒131-0031東京都墨田区墨田1-15-3 現代美術製作所 東武伊勢崎線・東向島駅より徒歩3分 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/26 18:00
いけばな池坊展(池坊東京連合支部) 東京都美術館 3月14日〜3月30日
いけばな池坊展(池坊東京連合支部) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/26 09:57
黒川紀章展 機械の時代から生命の時代へ 国立新美術館
都知事選の選挙活動も活発になってきました。 偶然だとは思いますが、そんな黒川紀章さんが 2007年1月21日〜3月19日 国立新美術館 展示室2C・2Dにて 「黒川紀章展 機械の時代から生命の時代へ」入場無料というものをやっていました。 残念ながら本日3月25日、すでに終了をしています。 なお、ここにおいて都知事選に関するプロパガンダは一切存在しなくて、 ただ純粋に設計に関するものと、設計をとおしてメッセージを送るものでした。 ここでは黒川さんの設計作品の模型や写真を展示していまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/25 12:02
bright in the dark
気象庁は東京の桜の開花を宣言してしまいましたが、 あまり開花のしている桜はみかけません。 でも、東京の今日は天気がよく、また明日も陽気らしいです。 この陽気で花が開くといいですね。 今日と明日と天気がいいらしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/23 15:27
闇が光に溶けるとき
国立新美術館 東京都美術館「オルセー美術館展」 東京国際フォーラムA「ケニーG」 と感性を刺激してくれるものが豊富だったから、創作意欲が沸いてきました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/22 22:36
国立新美術館 そのほかの施設
3Fにアートライブラリーがあります。日差しもよく中庭も見ることができます。 開室時間:11:00〜18:00  休室日:毎週火曜日(祝日の場合は開室し、翌日休室) 12月29日〜1月3日 図書 約13,000冊 (和書11,000 洋書2,000) 展覧会カタログ 約33,000 (和カタログ31,000 洋カタログ2,000) 雑誌 約190タイトル(和雑誌110 洋雑誌80) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/22 13:33
東京駅丸ノ内付近
国際フォーラムAは有楽町駅からは遠い位置にあります。 入り口は、有楽町から最も遠い端っこです。つまり、東京駅側ということ。 また国際フォーラム自体が大きいですからね。すごく歩いた気分になります。 これは私の主観ですが、東京国際フォーラムAの場合は近いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/21 22:42
ケニーG 東京国際フォーラムA
今、ケニーGは東京に来てるんですよね。 東京国際フォーラムA 3月20日(火) 7:00PM 3月21日(水) 3:00PM \8,500 このほかの演奏は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/20 17:41
オルセー美術館展 東京都美術館
レオナルド・ダヴィンチで国立博物館が混雑しているならば、ほんとうにすぐ近くの東京都美術館「オルセー美術館展」はすいているのではないか ということで、私は東京都美術館へ向かった。 コチラは9:00〜17:00(入室は16:30まで)ということで、国立博物館の9:30よりも早い。 実際にすいているのかどうかを比較することができないのですが・・・。 2007年1月27日〜4月8日(日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/20 15:50
レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像 東京国立博物館 初日大盛況
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像」 「受胎告知」 を見に行こうと 初日の時間前9:20にいくと、すでに長蛇の行列が!1列は4名ですごい多さです。 美術館は9:30オープン♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/20 13:57
国立新美術館 カフェ・レストラン ここは入場無料
国立新美術館内のカフェ・レストラン及び、 ミュージアムショップへの入場にチケットは必要ありません。 ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ [3F] Brasserie Paul Bocuse Le Musee サロン・ド・テ ロンド [2F] Salon de The ROND カフェ コキーユ [1F] Cafe Coquille カフェテリア カレ [B1F] Cafeteria Carre ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/20 07:28
国立新美術館開館記念展 20世紀美術点検-アーティストたちの三つの冒険物語-
国立新美術館 黒川紀章設計。黒川さん、都知事選出馬ですね。 「開館時間」 企画展 10:00〜18:00(入館は17:30まで) ※会期中毎週金曜日は20:00まで(入館は19:30) 公募展10:00〜18:00 「休館日」 毎週火曜日(祝日または休日にあたる場合は開館し、翌日休館) 年末年始12月25日〜1月8日 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/19 17:59
原美術館 東京都品川区北品川4-7-25
閑静な住宅街です。 大きな道路に面していないので、こちらに足を運ぶときには、 事前に確実に場所をチェックしておきましょう。 近くに御殿山交番前という交差点があります、そこの交番で場所を聞けば確実です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/17 15:01
原美術館 アンドリアナ・ヴァレジョン Amdriana Varejano
3月31日まで開催 アンドリアナ・ヴァレジョン 1964年リオ・デ・ジャネイロ生。1988年に初個展開催 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/16 20:54
色合い
かつや 池袋西口店 に初めて入ったんですよ。 想像よりもメニューの種類が豊富で、何にしようか迷ってしまったから、 原点に戻って、カツ丼にしようと。そしたら、松竹梅の三種類あるんです。 迷ったときは、品質の高いものにするというポリシーで、「松」を選んだんですよ。 ちなみに、梅⇒竹⇒松となるに従って、税別490⇒640⇒790と値段が上がるんです。 驚きました!松竹梅は品質のことではなく、量を意味しているんですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/15 21:55
Meis inspire
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 16:56
Mackintosh2
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 16:51
Mackintosh
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 16:49
eve2
eve2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 21:38
eve
eve ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 21:35
Three and Half
Three and Half ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 14:54
black suit with red tie
black suit with red tie ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 14:49
モナリザ・スマイル ジュリア・ロバーツ主演
1950年代のアメリカの女性の求められるもの。何が大切か。 何が女性として必要とされていたのか。 その頃に比べたたら、現実、現在は、違う。 立ち上がろう。 Get up stand up, stand up gor your right! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/12 23:54
thigh accessory
thigh=腿 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/12 15:37
「矢印」⇒an arrow
矢印を「英語」でいうと、an arrowらしいです。 なにか、ニュアンスが違いますよね。 日本語的にはarrow markのほうがいいと思うのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 18:30
ニュートラル・コーナー Neutral Corner
Neutral Corner ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/09 17:58
A Cube of Blue Side
A Cube of Blue Side ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/05 20:42
Don't Give Up
ピーター・ガブリエルPeterGabrielのDon't Give Upを聞きながら♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/03 00:37
Blue Blocks 2
Blue Blocks から、これもアリじゃないのかと・・・。だから2です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 22:42
Blue Blocks
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 12:53
A Candle Light in A Cube
「自らを灯火すなわち拠り所とし、他を頼りとしてはならない。 法を灯火とし、他を拠り所としてはならない。」 自灯法灯(じとうほうとう)といってお釈迦様が残された言葉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 14:45
Humanity 人間性 (感動を忘れない)
しばし現実逃避の旅、ニュー・ヨークからの帰りの飛行機内、窓から見えたんですよ。 暗い水平線に2筋の光。 おそらく、地上からは見ることのできない光景が目の前に広がっている。 グッゲンハイム美術館 MOMA でアートという、創作意欲に満ちあふれた私は、この光景からインスピレーションを得ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 17:14
ブルースカイ  Blue Sky アート Art
あまりに天気がよくって、この光景と感情 タイトル「ブルースカイ」Blue Sky アートというものは、人間性を豊かにするものだと思います。 そしてデザインとは、コミュニケーションのきっかけ。 たとえば、友達で、デザインの優れた洋服やカバンをもっているとして、 「それ、どこで買ったの」なんて、会話のきっかけにもなるじゃないですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 00:21
ブルーノート Blue Note New York
Donald Harrison Quartet Mulgrew Miller Trio の二組の出演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/31 19:57
MOMA , The Museum of Modern Art
The Museum of Modern Art tel:(212) 708-9400 11 West 53 Street, between Fifth and Sixth avenues New York, NY 10019-5497 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/30 10:49

トップへ | みんなの「アート」ブログ

Take it ez ! アートのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる