テーマ:アート

デイヴィッド・ホックニー (SHINCHOSHA’S SUPER ARTISTS)

http://www.hockneypictures.com/ デイヴィッド・ホックニー David Hockney 1937年イギリスに生まれ。 1953年から57年まで、ブラッドフォード美術学校で学ぶ。1957年から59年までは良心的兵役拒否者として病院で勤労奉仕。1959年から62年まではロンドンの王立美術学校に学び、金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大友克洋GENGA展@3331ARTS CHIYODA

大友克洋GENGA展OTOMO KATSUHIRO EXHIBITION@3331ARTS CHIYODA アーツ千代田3331 あれ、そろそろだったかなって、サイトをチェックしたら今日が初日でした。 http://www.otomo-gengaten.jp/ で、ローソンチケットで完全予約制っていうから明日いこうかと思ったら今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴヤ 光と影 プラド美術館所蔵@国立西洋美術館

土日の混雑を避けるためにも、昨日無理やり時間を確保して昼過ぎに国立西洋美術館で「ゴヤ」をみてきました。 注目は40年ぶりの来日とうたわれる「着衣のマハ」ですかね・・・どんな展覧会になるのかと楽しみして入館。します。国立西洋美術館の企画展って入り口入って右にまがったとこにあるエレベーターか階段で地下へ降りていきます。いつもながらですが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GLOBAL NEW ARTこの世界を生きるアート 損保ジャパン東郷青児美術館

タグチ・アートコレクションGLOBAL NEW ARTこの世界を生きるアート 損保ジャパン東郷青児美術館2011.07.12-2011.08.31 現代アートは、世界の新しい見方や可能性に気づかせてくれます・・・ってなことで、最終日の前日、本日8月30日13:10に入館して一通り観覧しました。もともと大きな展示会じゃないですから30分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海 至宝と人生 第3章 曼荼羅の宇宙 ダンサー森山開次

空海 至宝と人生 第3章 まんだら曼荼羅の宇宙  NHK BSプレミアム 番組終盤、旅の歳に曼荼羅が発するメッセージを身体全体で受け止めてダンスをつくりあげたダンサー森山開次さんのコメントを紹介です。 私は、このコメントにしびれました。 「やっぱり僕は人間だし、仏の踊りをしたいとは思わないので 今自分が感じている等身大の自分が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュルレアリスム展 音声ガイド ② 国立新美術館

シュルレアリスム展 音声ガイドの続きです。 http://take-it-ez.at.webry.info/201105/article_17.html そういえば今回のオーディオガイドの端末は新型らしいです。本体の大きさに比べると画面はとても小さいのですが、音声ガイドに沿って、写真をだしたり、相関図を出したり連動していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュルレアリスム展 音声ガイド 国立新美術館

ナレーター:恒松あゆみ、安井邦彦 ガイド制作・音響演出:A&Dオーディオガイド ガイド数23点 所要時間約30分 瓶掛け マルセル・デュシャン 「シュルレアリスム・・・私にとってそれは青春の絶頂のもっとも美しい夢を体現していた」 ビヨーム・アポリネールの予兆的肖像 ジョルジョ・デ・キリコ 「あの芸術が本当に不滅であるために…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―

国立新美術館でのシュルレアリスム展、いってきました。今日が最終日だったんですね。 入場するとすぐにマルセル・デュシャンによる1937年の「グラフィディア画廊のためのドア」を再構成したオブジェが出迎えてくれました。 実はこのデュシャン再構成のものは、最初気がつかなかったです。入り口で出品作品リストをゲットしたはずなのですが、私が手にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 Bunkamuraザ・ミュージアム

フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 Bunkamuraザ・ミュージアム2011年3月3日木曜日-5月22日日曜日 http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_11_vermeer.html 私は3/27に見てきたんですけど・・・今の今までブログにアップロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉定弘写真展「東京スカイツリーが出来る前」

私のカウントが間違っていなければ43点の白黒写真と全てに手書きのコメントが書いてありました。 小泉定弘写真展「東京スカイツリーが出来る前」20年前の北十間川橋上景観を中心に 平成23年5月7日土曜日-15日日曜日午前11時-午後6時(最終日は午後5時まで) 町屋文化センター2階ふれあい広場 主催・問い合わせACC財団法人荒川区地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・ケージ生誕100周年記念 カウントダウンイベント

4分33秒 4'33" などで知る人ぞ知る伝説の男、2012年はジョンケージ生誕100年の年です。 その2012年に向けて京都で開催されてきたジョン・ケージカウントダウンイベントが今年は関東で開催。 またジョンケージの面白さについて知ってもらおうと、トークイベントの紹介です。 実は、今情報をみなおしていて、10/30は15時からだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会 東京 2010年10/30

秋も深まり・・・寒さが増してきていますが、これは台風の影響なのか今年の気温がこういうものなのか、どこか美術館に行こうかなって、探してみました。ネットで探して、一覧とまではいかないのですが、ちょこっとリストアップしてみました。 国立西洋美術館 http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/current.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「特選月額見放題パック」サービス開始 2010年12/1から

2010年12月1日(水)スタート 「特選月額見放題パック」サービス http://www.nhk-ondemand.jp/ 2008年12月1日からサービスを開始した「NHKオンデマンド」は、2周年を迎える2010年12月1日(水)から特選ライブラリーの「月額見放題パック」サービスをPC系サービスで開始(TV系は来年1月以降を予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展

なかなか時間をつくれなくて、楽しみが膨らんだ「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」・・・ 入ってすぐに、東京藝術大学大学美術館でのバウハウス・デッサウ展でも展示されていた「ヨーゼス・アルバースによる素材訓練」一枚の紙で立体性を強調する作品たちがでむかえてくれます。そのちかくにパウルクレーの作品やヴァシリー・カンディンスキーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pen (ペン) 2010年 10/15号 [雑誌]

総力特集・決定版 なぜこの酒は深く愛されるのか? ウイスキーを語れ。 ウェブ通販企画スタート! 20世紀デザインの聖地、蘇ったバウハウスへ。 ウィスキーの知識よりも、まずはドイツ・デザインハウス・バウハウスへ・・・P.118 I am drunk now,,,I can tell details now...I'will t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生展 4枚のチラシ

武蔵野市立吉祥寺美術館があるのは 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7階 Tel.0422-22-0385 Fax.0422-22-0386 吉祥寺駅から歩いて数分で到着します。 しかし、FFビルを探しても検討がつきません。それらしいと思われる建物の近くにいったらFFビルを探すのではなく、武蔵野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い 武蔵野市立吉祥寺美術館

http://www.yayoi-kusama.jp/ 草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い 武蔵野市立吉祥寺美術館 会期      2010年9月18日[土]-11月7日[日] 開館時間  10:00-19:30 休館日 9月29日[水]、10月27日[水] 入館料  100円(ただし、小学生以下・65歳以上・障…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マン・レイ展 Man Ray 国立新美術館

http://www.nact.jp/exhibition_special/2010/manray/index.html 国立新美術館で行われていたマン・レイ展・・・昨日が最終日だということで無理やり見てきました。 音声ガイドにはマン・レイ:目黒光祐、ナレーション:松尾佳子で解説が30点で約30分の内容。 まあ、たいした内容ではあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カール・ハイドの脳内 TokyoHeadLine

フリー・ペーパーTokyo Head Lineのインタビューはカール・ハイドです。 ラフォーレ原宿でのドローイングインスタレーションというエキシビションはある意味、彼自身が表現の原点に立ち戻ったともいえる。 tomatoについて 「そもそも彼らがUNDERWORLDを始めたのは、もっと多くの人にアートに興味をもってほしいと思ったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アール・ヌーヴォーのポスター芸術展

昨晩の日曜美術館をみていて、アール・ヌーヴォーのポスター芸術展を知りました。 アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 LIFE WITH POSTERS 1890-1920 LIFE art nouveau 会期:8月25日(水)~9月6日(月) 会場:松屋銀座8 階大催場 http://www.matsuya.com/ginz…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

アンダーワールドKARL HYDE

今BS5chベストヒットUSAをみていると ニューアルバムBARKINGをリリースのアンダーワールドunderworldカール・ハイドKARL HYDEのインタビューがありました。 ちなみにアンダワールド下記の予定で来日公演 2010/10/6(水) Zepp Osaka(大阪府) 2010/10/7(木) ・ 2010/10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正太くんの青空 作・演出:高橋いさを(劇団ショーマ)

昨日の8月8日の千秋楽最終回18:00からのものをみてきました。 今までなんどもサンモールスタジオとかシアターサンモールにいていますが、地下の劇場ではなく上階がサンモールマンションになっているということをはじめてしりました。 SUPER BESTトライエム 1995-10-16 ザ・ブルーハーツ ユーザレビュー:聴いておくべきア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美の巨人たち 「ゴーギャン ひまわりを描くゴッホ」

美の巨人たち テレビ東京 ゴッホとゴーギャンの共同生活事件の真相語る肖像画 「ゴーギャン ひまわりを描くゴッホ」 ポール・ゴーギャンによる絵画の紹介でした。 ちなみにこの番組で紹介される絵画が展示されているオランダのアムステルダムにあるヴァン・ゴッホ美術館。 本館 常設展が行われている。ヘリット・リートフェルトの設計。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美の巨人たち マン・レイ「黒と白」 国立新美術館

昨日の夜にテレビ東京の美の巨人たち マン・レイ「白と黒」をみました。つい今もBSジャパンで再放送をみていたのですが。そういえば国立新美術館で「マン・レイ展 知られざる創作の秘密」があるんだ・・・ってそしたら7/14からはじまっていたんですね。うっかりしてました。2010年7月14日(水)~9月13日(月)http://www.nact.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プラネタリム@世田谷区立教育センター@古屋市中区の市科学館新館

本日の日本経済新聞朝刊からの記事です。 世界最多の1億4千万個、18等星までを投影するプラネタリウムが5月、東京都内の世田谷区立教育センターに誕生した。 http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00007490.html ★プラネタリウム投影日等のお知らせ  5月8日(土)に、リニューア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ最後の70日~ひまわりの画家は あの日、殺されたのか?

6/20 14:00 BS-JAPAN ゴッホ最後の70日~ひまわりの画家は あの日、殺されたのか? 途中からみたのですが、ともていい視点で制作されています。 まずは、ゴッホが最後に自殺したという事実を覆す状況を説明。 友人で最期を看取った医者の怪しさにも言及。贋作疑惑も紹介しています。 次に耳きり事件の約15年後に雑誌のイン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 TAIZO 戦場カメラマン・一之瀬泰造の真実

昨日BS-TBS15:00  映画TAIZO 戦場カメラマン・一之瀬泰造の真実 を放送していました。 ▽(2003年映画“TAIZO”製作委員会) スタッフ 製作: 奥山和由 監督: 中島多圭子 音楽: 深町 純 エグゼクティブ・プロデューサー: 棚次 隆 プロデューサー: 高木真寿美 / 上田徳浩 / 茂出…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

The Chemical Brothes 時空の彼方へ Futher

最近、時間をうまく確保できなくて、ここ3日くらいをかけて、METALLICA"Some Kind Of Monster"メタリカ 真実の瞬間を見返しています。以前見たことはあったのですが、今回はまだ最後まで見終わってないです。メタリカによるナップスターへのアルバムに収録された曲の1曲単位での切り売り反対という意向の訴訟問題などもテロップ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

Pen (ペン) 2010年 6/15号 [雑誌]

モード界の巨匠カール・ラガーフェルドは2002年に42キロの減量に成功しダイエット本を発表。以来、モード以外の分野でも多くのコラボワークを手がけてきた。自らのスタイルを揶揄した黒メガネ&黒スーツのテディベアのデザイン。黒いスリムなパンツに白いハイカラーシャツをまとうラガーフェルドのスタイルは、いまやモード&ダイエット界のアイコンといって…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more