Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェブ時代をゆく 梅田望夫著 いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

<<   作成日時 : 2010/04/04 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人の古い体質・固定概念を持っている人には「アカデミズム・学術性」と「ジャーナリズム・現代社会性」というものは相反するという考えになりがちです。
つまりは、頭が固い。アカデミズムには歴史という裏打ちがあって、ジャーナリズムにはうすっぺらい現代しかうつらないと・・・。比較的文系の教授などとよばれる人々はそういう傾向があり、またそういう古いタイプの思想がありがたがられるものだから、IT革命を経験した現代という刻々と変化する現実社会に対応できない。
しかし、「ちくま新書」など、基本学アカデミズムを提唱している著書に、ジャーナリズムが登場すると、それを古いクソ脳みそどもは、すんなりとアカデミズムとして受け容れてしまう。
肩書きがものをいう・・・古い考えだ。個人ではなく所属する組織で物を見る。1つの書籍として判断するのではなく、出版社で判断をする。
そんななかで、梅田望夫さんは輝かしい功績をのこされている!
古い思考の現実社会になにかジレンマを感じているニュータイプな人はぜひとも梅田望夫著書を読んでみて下さい。
下記は、本著書で紹介されているサイトです。列挙してみました。2007年の書籍なので、もうリンク切れをおこしているかもしれませんが、掲載させていただきます。
http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000155.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002665.html
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20070419/1176961765
http://blog.miraclelinux.com/yume/2007/04/ruby_86e4.html
http://www.rubyist.net/~matz/20031227.html
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2007/01/18/605
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070307/264156/
http://chama258.seesaa.net/article/34861675.html
http://www.president.co.jp/pre/special/aiai/125.html
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20041223/p2
http://d.hatena.ne.jp/usukey/20070317/1174131749
http://d.hatena.ne.jp/bookscanner/
http://hr.yahoo.co.jp/1/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20070330/267048/
http://www.jonathancoulton.com/

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
筑摩書房
梅田 望夫

ユーザレビュー:
希望的な世界を生きる ...
好きを貫いて楽しく生 ...
タイトルの通りタイト ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
筑摩書房
梅田 望夫

ユーザレビュー:
これはGoogleの ...
ネットのことを’ざっ ...
向こう側の世界 新し ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
文藝春秋
梅田望夫

ユーザレビュー:
世界を変えるためにス ...
ウェブ進化論でファン ...
シリコンバレー&新世 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウェブ時代をゆく 梅田望夫著 いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書) Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる