Take it ez !

アクセスカウンタ

zoom RSS 「インターネットによって、ヒトの記憶はどう変わったか?」に関する研究結果

<<   作成日時 : 2011/07/31 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「うーんと、アレ...何だっけ?」と思い出せそうで思い出せないとき、どうしますか?
おぼろげに頭に残っているワードを頼りに、とりあえずググってみるというのが、現代の記憶の蘇らせ方かもしれません。では、インターネットの普及によって、私たちの記憶にはどのような変化が起きているのでしょう? これに関する興味深い実験結果が明らかになりました。

科学誌『Science』の最近の心理学研究によると、ヒトの記憶の保存方法が変化してきているとか。事実や情報そのものではなく、その情報がオンラインで見つけられる場所を覚えるようになっているそうです。

この研究を行った研究者は、「インターネットが交換記憶(transactive memory)として働いている」と指摘。つまり、私たちはインターネットを外部記憶ソースと捉えているわけです。もちろん、これ自体はそれほど新しいことではありません。たとえば、「パソコンに困ったら、あの人に聞いてみよう」とか「このへんの美味しいお店の情報は、あの人が知っていそうだな」など、他の人の専門性やスキル、記憶を利用することはありますね。インターネットもこれらと同じように扱い、利用しているのです。

また、この傾向は実験からもわかっています。被験者を2つのグループに分け、いくつかの豆知識を覚えるように指示。一方のグループには、このデータはコンピュータ内のフォルダに保存されると伝え、他方には、データが消去されると伝えました。その後、全員に記憶テストを実施したところ、データが消去されると伝えられた被験者のほうが、保存されると伝えられた被験者よりも成績がよかったそうです。データが保存されるという前提があると、情報そのものよりも、情報の場所を記憶するようになるゆえだろう、と考察されています。
http://news.livedoor.com/article/detail/5748861/








A3・デスクトレー 明るいカラーシリーズ大きいサイズ A3がそのまま収納!文書保存箱、お道具箱にもどうぞ。
文具専門ディスカウントソムソムズ
(上の写真はA4サイズです。)■ここがポイント!・好みに合わせて選べる明るいカラー!・文書保存箱にも

楽天市場 by A3・デスクトレー 明るいカラーシリーズ大きいサイズ A3がそのまま収納!文書保存箱、お道具箱にもどうぞ。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「インターネットによって、ヒトの記憶はどう変わったか?」に関する研究結果 Take it ez !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる